シルバー帯からダイヤモンド帯にかけ全体的に割合が減少し、アイアンからブロンズ帯の割合が全体的に増加している。
2021年6月のVALORANTのコンペティティブランクにおける人口分布図が、Esports Talesより公開されています。

2021年6月のVALORANTのコンペティティブランクにおける人口分布図が、Esports Talesより公開されています。

Esports Talesは、Riot Gamesより提供されるVALORANTのAPIデータを基に、コンペティティブの各ランク帯における人口分布図を作成。ランク人口分布図の表、グラフは以下になっており、世界全地域のサーバーを対象としています。

*増減比は2021年3月のデータと比較。Esports Talesによると、2021年3月~5月には分布図に大きな変化は見られなかったたらしい。

ランク割合
アイアン13% (-0.2%)
アイアン25.8% (+0.3%)
アイアン39% (+1.1%)
ブロンズ19.1% (+0.7%)
ブロンズ210.2% (+0.7%)
ブロンズ39.9% (+0.5%)
シルバー19.7% (+0.1%)
シルバー28.8% (-0.3%)
シルバー38.1% (-0.5%)
ゴールド16.8% (-0.2%)
ゴールド25.1% (-0.5%)
ゴールド33.9% (-0.6%)
プラチナ12.9% (-0.4%)
プラチナ22% (-0.4%)
プラチナ31.5% (-0.3%)
ダイヤモンド11.2% (+0.1%)
ダイヤモンド20.9% (-0.1%)
ダイヤモンド30.8 (-0.1%)
イモータル1.2% (+0.1%)
レディアント0.1% (±0%)

シルバー帯からダイヤモンド帯にかけ全体的に割合が減少し、アイアンからブロンズ帯の割合が全体的に増加している。

2021年6月のランク分布図では、シルバー帯からダイヤモンド帯にかけ全体的に割合が減少し、アイアンからブロンズ帯の割合が全体的に増加しています。ストリーマー・インフルエンサーの影響による新規ユーザーの増加、ランクシステムの変更など、様々な理由が考えられますが、エピソード3よりランクシステムに大幅な調整が入る(関連記事)と明らかになっているため、来月以降の分布図に注目が集まります。

また、各ランク帯における分布は以下になっており、29.2%のブロンズ帯が最も人口の多いランク帯となります。

ランク 割合
アイアン 17.8%
ブロンズ 29.2%
シルバー 26.6%
ゴールド 15.8%
プラチナ 6.5%
ダイヤモンド 2.9%
イモータル 1.2%
レディアント 0.1%

関連記事
エピソード3でランクシステムに大幅な変更を実施、VALORANT開発スタッフが明かす

10 コメント

  1. 初期の頃はゴールド帯が多かったけど、段々と下がってるね。新規プレイヤーが増えたのもあるけど、競技レベルが上がってるのも加味している…かな?

    返信削除
  2. イモータルが多すぎるから123で分けてほしいな

    返信削除
  3. ダイヤ1で上位4.2%
    プラチナ1で上位10.7%
    ゴールド1で上位26.5%

    返信削除
  4. ガッツリ研究してMGE-DMGでスタックした俺が感覚だけでやってるバロでダイア行けるのなんだかなって感じがする

    返信削除
    返信
    1. 最高LEMだけどゴルプラで沼ってます

      削除
    2. valorantのほうが向いてたんじゃない?
      ガンゲーム傾倒してない分スキル使いこなせないと難しいし。
      好きなゲームと合ってるゲームが違うのはよくあるよ

      削除
  5. アイアンて本当にいるのか

    返信削除
  6. 大会で「5人全員イモータル以上」とかよくあるのあんまり納得いってないんだけど
    上位1.3%にしかそもそも出場資格がないってのはね
    撃ち合い出来ないと結局勝てないとはいえスキル重視なんだから5人中1人くらいダイヤの人も出れちゃダメなのかな〜とは思う
    まあチーム数無駄に増えると大会運営し辛いのは分かるし私はシルバーだから全く関係ないけど

    返信削除
    返信
    1. 辛いんじゃなくて下手くそのプレイなんか誰も見たくないのよ。ま、今の芋もレベル低くてゴミばっかなんだけど

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link