今年6月にリリースされたパッチ3.0のアップデートにより、コンペティティブのマッチング精度が改善されたVALORANTですが、「下位ランク帯が肥大化する可能性がある」としてVALORANTの開発者が懸念を示しています。

Riot GamesでVALORANTのコンペティテブを担当するEvrMoarは、自身のTwitterで「今回のエピソードでMMR(内部レート)が変更されたことに加え、少しかき混ぜるようなランクの格付けを行いましたが、下位ランク帯が肥大化する可能性があると考えています。これについて、コミュニティからフィードバックも届いています。まだ確定はしていませんが、現在調査を進めています。より詳細な情報があるとすれば、発表は数週間後になるでしょう。」とコメントし、エピソード3のアップデートにより下位ランク帯のユーザーが増加する可能性が高いことを明らかにしています。

また、EvrMoarは「もし、現在の各ランク帯に占めるプレイヤーの割合が基準に達していないと思われる場合、(下位ランクが肥大化していると言う)今回の問題は調整されることになります。」と追記しており、ランクによる人口分布の偏りが大きすぎる場合は、調整する必要があると指摘しています。

Tales Esportsが以前に公開した2021年7月のランク分布図では、シルバー帯の割合が35.3%まで増加しており、前月比より8.7%増加する結果となっています。もし、EvrMoarが指摘していた下位ランク帯がシルバーに該当する場合、近いアップデートでコンペティティブのシステムに調整が入り、割合がやや均等化されると予測されます。

2021年7月のランク分布図、シルバー帯の人口が前月比より8.7%増加している。

また、EvrMoarはTwitterで、ランクシステムの最大の注意点は「各ランク帯のアイデンティティを保つこと」を強調しています。簡単に説明すると「シルバー帯のプレイとゴールド帯のプレイを見分けられること」を意味しており、1つのランク帯に人口が集中した場合、そのランク帯が持つアイデンティティが失われてしまうため、それらの改善を目標にランクシステムの開発に取り組んでいるとコメントしています。

関連記事
VALORANTのソロランクで勝率を上げる17の心得

9 コメント

  1. EP2までずっとゴルプラ帯だったけど、下がりにくくなってから今回初めてダイヤ踏めた

    返信削除
    返信
    1. おめでとう日記帳でやれ

      削除
  2. こんな感じのランク分布の方が上位ランクの価値が高まってモチベ上がるけどな

    返信削除
  3. 今期、シルバー1からゴールド1まで上がったけど、同じシルバー内でも差が広く感じた。
    3割が押し込められたランクともなれば、シルバー帯はカオスなんだろうと思う。
    だからといって味方ガチャとか言うのは違うと思う。
    自キャラの役割に徹してプレイ続ければ無理なくランクは少しずつあがるもんだとも感じた。

    返信削除
    返信
    1. 内部レートが上がれば確実に上がっていくしポイントも下がりにくいから、味方のせいで~~ってのは絶対嘘だよな

      削除
  4. LOLと一緒でプラチナでそこそこやるやんぐらいがちょうどいい気がするけどな
    ゴールド以上に報酬付けるとかもほしい

    返信削除
  5. スマーフ多すぎるから沼ですわほんま

    返信削除
  6. 自分シルバー帯なのに味方も敵もアイアンからゴールドまでいるんだけど本当に肥大化してる?

    返信削除
  7. オーメン専のゴルプラ帯だけど、内部レートが低すぎて味方のジェットがよっわいよわい

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス