Sentinelsに所属するdaprが、VALORANT部門のアカデミーチーム設立に懸念を示すコメントをしています。

先日、TSMがex-Nobleのメンバーを獲得し、アカデミーチーム「TSM Academy」の設立を発表しましたが、daprはTwitterで「現時点で、アカデミーチームの設立は悪い選択肢のように思えます。同じ大会で2チームが出場する場合、常に利害関係が発生*するため、シーンの成長が止まる可能性があるように思えます。長期的に見た場合は。League of Legendsのアカデミーリーグの運営方法が個人的に好きです。」と投稿し、現状のアカデミーチームの設立はシーンの成長が止まる可能性があると指摘しています。

*Riot Gamesが主催する公式大会は、1つの組織より2チーム以上が出場することが規約で禁じられている。

daprのツイートには、様々な意見が寄せられており、eスポーツジャーナリストとして活動するFionnは、「中国の二部リーグの成功を見ると、アカデミーチームは適切なインフラが整っている場合、フランチャイズシステムでも上手く機能すると思います。しかし、現状のVALORNATのアカデミーチームは10人単位の簡易的なチームのように思えます。」とコメントしています。

アカデミーチームの本来の目的は後進育成ですが、アカデミーリーグが展開されるLeague of Legends、CS:GOのように既に競技シーンの基盤が整っている場合を除き、収益の回収は非常に難しい現状があります。

もちろん、VALORANTでもアカデミーチームを持った方が、オフシーズンでのメンバーの入れ替えなど少なからずメリットはありますが、公式大会へ出場が禁じられる現状ではサードパーティーの大会へ中心に出場する以外、チームの認知度を上げる方法はありません。

VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3のオープン予選でTSMを破ったNobleが、同チームのアカデミーチームとして所属するのも少し奇妙な話ですが、これから約半年間のオフシーズンの動向に注目が集まります。

4 コメント

  1. t1 academyっていう設立1年で何の結果も残していないチーム、息しているかね

    返信削除
    返信
    1. OWリーガーANSがShockにとんぼ帰りしたあのT1 Academy!?

      削除
  2. よくわからんけど色々大人の事情がありそう

    返信削除
  3. TSMはメンバー変更必須だろうね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス