初戦のF4Q戦にて2-1で勝利を収めたG2 Esportsですが、同チームに所属するMixwellがステージ上でプレイする際のホワイトノイズによる音声問題に苦言を呈しています。

現在、ドイツ・ベルリンで開催中のVALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters Berlinは、オフラインでの開催のため、選手のイヤーマフ、ヘッドセットには実況・解説を行うキャスターの声が選手に届かないようホワイトノイズが流れています。そのホワイトノイズについて、今大会へ出場中の数名の選手が苦言を呈する発言をツイートしていたため、いくつか紹介します。

Asuna「2-0でHavan Libertyに勝利しましたが、音声の無い状態で対戦するのは面白かったです。」

Mixwell「スカイの狼、レイズのショーストッパー、ソーヴァのドローンなど、アビリティの音声の殆どをホワイトノイズがブロックしているため、出場中の選手が間抜けなプレイをしていた場合、それらが問題かもしれません。」

AsunaのMixwellへのリプライ「私たちはHavan Libertyへ対して『軽蔑している』*とメッセージが届きましたが、試合中の情報を得るため、そしてIGLが適切な判断をするため、チームメイトの顔をより多くチェックする必要があると感じました。」

*Asunaが「音声の無い状態で対戦するのは面白かった」と投稿した際、ブラジルファンより「ブラジルチームを舐めているのか」と大量にメッセージが届いたが、実際はホワイトノイズによる問題だった。

Ethan「CS:GOの大会での音響環境は、本当に最高なものでした。ノイズキャンセリングが搭載された音質の良いイヤホンに加え、ホワイトノイズ用のヘッドセットは高品質で、高音質のマイクが搭載されていました。現状、VALORANTの大会で使用されいているヘッドセットはゲーム内の音声に大音量のホワイトノイズを加えただけです。」

また、Sentinelsに所属するShahZaMは、今大会ではゲーム内の音声、ボイスチャット、ホワイトノイズの全てが1つのヘッドセットから流れるよう設定されているとコメントしており、アイスランドではチーム間の距離が離れていたため、ホワイトノイズは流れていなかったと明かしています。

余談ですが、CS:GOのオフライン大会では航空機パイロット向けの十数万のヘッドセットが使われていた気がします。メーカー・型番は忘れました。

9 コメント

  1. Riotケチくっさ
    そんくらい良い物使えよ

    返信削除
  2. あれ高いし在庫もそんなにないんだよねー

    返信削除
  3. BOSE A20 Aviation Headsetが直近のcsgoの大会ではよく使われていると思われます。

    返信削除
  4. 配信見る限りは高そうなヘッドホンだったけど、特定班お願いします

    返信削除
  5. ケチくさいとかではなくスポンサー関係とか諸々の部分をクリアした物を使ってるんだろうけど、今大会でここまで出場選手(しかも勝利者側から)出てるとなるとチャンピオンズまでに最優先で解決しないといけない問題の一つだよねえ。

    返信削除
  6. その音聞き逃すようなやつがよく国内予選勝ち抜けたなって場面が結構あったけどガチで佐村河内縛りでやらされてたんだな

    返信削除
  7. つまりキャラの台詞やアビリティの音を字幕で出せばいいのでは???

    返信削除
    返信
    1. VALORANTを野良でやってて思うけどCSGOみたいに音と字幕で誰がなんの投げ物投げたか分かるのってすごい親切なんだなって思った

      削除
  8. 配信見返した感じRIEDELのMAXっぽい
    https://www.riedel.net/products-solutions/intercom/headsets/

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス