韓国・北米を拠点に活動するeスポーツチーム「Gen.G」のVALORANT部門にrhymeが加入したことが、チームの公式Twitterより発表されています。

昨月にNiPのヨーロッパのVALORANT部門解散が発表されて以降、新たな所属先を求めオファーを公開していたrhymeですが、新たにGen.GのVALORANT部門へ加入を発表。ヨーロッパから北米へ拠点を移し、世界トップを目指します。

CS:GOをバッググラウンドに持つrhymeは、昨年4月にCS:GOからVALORANTへの移行を発表。VALORANT移行後はNiPに所属し、レイズ、サイファー、ソーヴァなど、幅広いエージェントプールで初期のIGINITIONシリーズやVALORANT Champions Tour 2021 Stage 1では上位入賞に貢献しました。

ヨーロッパから北米に拠点を移す選手は、CS:GO時代より長らくアメリカで活躍するイギリス出身のdephhや同じくCS:GO時代より北米を拠点に活動するロシア出身のwippieに次ぐ3人目の選手となり、VALORANTリリース後としては初となる北米へ移住した選手となります。

新たにrhymeが加入したGen.Gのラインナップは以下になります。

  •  Anthony "gMd" Guimond
  •  Kenneth "koosta" Suen
  •  Nicholas "NaturE" Garrison
  •  Shawn "Shawn" O'Riley
  •  Emir "rhyme" Muminovic
  •  Chris "Elmapuddy" Tebbit (コーチ)

comments

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス