ブラジルを拠点に活動するeスポーツチーム「MIBR」が、VALORANT部門の設立を発表しています。

先日報じられたMIBRのVALORANT競技シーン参入ですが、本日正式にVALORANT部門設立を公式Twitterで発表。2022年1月に所属選手を発表予定で、ディレクターを務めるYuri Uchiyamaは声明内で「世界最高レベルの大会へ出場するため、初日から世界を目指せるチームを編成したいと考えています。来年1月にラインナップを公開予定です。」とコメントしています。

2003年に設立されたMIBRは、ブラジルを代表するeスポーツチームの1つで現在はCS:GO、Rainbow Six Siegeの2つのタイトルで活動しており、いずれも世界トップレベルの実力を有しています。

先日報じられた内容では、VALORANT部門の選手としてSacy、Saadhak、aspasの3人をターゲットに交渉を進めていると明らかになっていましたが、ブラジルのメディアVALORANT Zoneより新たに確認された情報によると、nzr、pAncada、Onurの3人を新たな候補として交渉を進めていると明かしています。

また、MIBRは、北米のeスポーツチームImmortalsを所有するImmortals Gaming Clubが運営しています。Riot Gamesが主催する公式大会は、1つの組織より2チーム以上が出場することが規約で禁じられているため、VALORANT部門を既に所有するImmoratalsとの利益相反が問題視されていましたが、今回の設立を機にImmortalsはVALORANT部門解散を発表しています。

5 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. Sacy、Saadhak、aspas、nzr、pAncada、Onurとかシンプルに最強すぎて草

    返信削除
    返信
    1. 逆にこのロースターでグループステージ突破出来なかったらやばい。

      削除
  2. だいぶ前だけどNIPもEUからSAに乗り換えるって言ってたから今後のSAの盛り上がりすごいかも

    返信削除
  3. これで来年ブラジルはグループステージ突破狙えるんじゃない?

    返信削除
  4. オヌールコーチ、ブラジルのチームに行くてきなツイート投稿してた
    https://twitter.com/onurthegreat/status/1471540573702078473

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス