「野良連合」VALORANT部門にCS:GOプレイヤー4qu1la、Templeが加入したことを発表しています。


今月6日にRiot Gamesの新作FPS"VALORANT"を開設した野良連合は、CS:GOプレイヤーyasuとCODプレイヤーUYPの2人のプレイヤー獲得、今回新たに3人目、4人目のプレイヤーとしてCS:GOプレイヤー4qu1la、Templeと契約を結んだことを発表しています。

4qu1laは、Team BlackEye、HWMLといったCS:GOチームでの経験があり、国内CS:GOリーグ宴では最高階級"大関"で準優勝、クラウドファンディングにより賞金が決定するGamer’s Dream League 2020では準優勝、2018年のC4LANで行われたオフラインの2vs2大会では現在BlackBird Ignisに所属するnethと共に優勝といった経歴を持ちます。

Templeは、Team EntryといったCS:GOチームで活動しており、宴 4杯目では大関で準優勝、Gamer’s Dream League 2020ではyasu、4qu1laと共に準優勝を獲得しています。

4qu1la、yasu、Templeの3人はCS:GOで同じチームで活動した経験を持っており、同じチームで生かされた連携プレイをVALORANTでも見られることに期待です。

また、野良連合の代表を務めるkizokuは、海外メディアTHESPIKE.GGのコメントで「外国人コーチと契約を結ぶことを検討している」「次のメンバーはOverwatchで成功を収めた実績のあるプレイヤーが加入する可能性があります。」と答えており、外国人コーチ、Overwatchの国内トップシーンで活動したプレイヤーが加入することを示唆しています。

新たに2人のプレイヤーが加入した野良連合VALORANT部門のラインナップは以下になります。

 Minoru "yasu" Takeda
 Yuta "UYP" Mima
 Daichi "4qu1la" Sonobe
 Souma "Temple" Murata

2 コメント

  1. もしAbsoluteが野良連合に入っていたら「野良連合 Absolute」になってたと思うとゾッとする

    返信削除
  2. めっちゃ弱そうやな。コンソールのCODプレイヤーってw

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link