Amazon ゲーミングデバイス祭り


ブラジルを拠点に活動するCS:GOプレイヤーguinが拠点を日本に移し、CS:GOからVALORANTの競技シーンへの転向を発表しています。


21歳のプレイヤーguinは、DeToNator、zxcv、HWMLといった国内トップチームで活躍、国内オフライン大会や国際大会予選へ中心に出場しており、SCARZ Absolute(現Absoltue JUPITER)、Ignis、BOOM、TheMongolzなどのアジアトップチームと対戦しました。

昨年中頃には拠点を日本から移し、中国のミックスチームAvengers、ESEA MDLへ出場するアメリカチームMAC-51、ブラジルのプロチームReapersといったチームでプレイし、各地域のトップチームと対戦した経験を持ちます。


guinはTwitterで「本日をもちましてcsgoを引退しvalorantの競技シーンに移行します。」と発表、活動拠点をブラジルから日本へ移しVALORANTへ移行、以降に伴いオファーを公開することを明かしています。


先日行われた優勝賞金50万円RAGE VALORANT JAPAN Invitationalでは、CS:GO出身のAbsoltue JUPITERが優勝、準優勝チームのLag Gamingもメンバー全員がCS:GOより移行したプレイヤーで今後も多くのCS:GO出身のプレイヤーが活躍されることに期待されます。

5 コメント

  1. コロナの最前線のブラジルから日本へ入国できるとでも思ってんのかこいつ?

    返信削除
  2. 初めて存在を知った

    返信削除
  3. だいぶ時間は経ったけど、USGのVALORANT部門設立に合わせて加入するっていう噂がある。
    この前GGC2020にIgnisにスタンドインしたAlessoとも仲がいいみたいだし、近々何か発表がありそう

    返信削除
    返信
    1. FBIからの情報に感謝。

      削除
    2. https://twitter.com/guincsgo/status/1310072090771427328?s=19

      FBIは正しかった

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link