G2 VALORANT部門への所属が発表されたMixwellのインタビューがDexertoより公開されています。

Dexertoのインタビューでは、G2 VALORANT部門のラインナップ、CS:GOからVALORANTへの移行を決意した理由について答えています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。

G2 VALORANT部門のラインナップについて


個人スキルとチームに貢献できるといった2つの面を兼ね備えたヨーロッパのプレイヤーは皆さんはご存じだと思います。誰がヨーロッパシーンを支配しているか、支配していないかは(競技シーンや大会)を見ていても確認できるため、G2のラインナップはそれらを参考にして構成します。


CS:GOからVALORANTへ移行を決意した理由


CS:GOにこれまで打ち込んできた感情もあり、移行を決意することは難しい決断でした。私は人生の大半をCS:GOに費やし、過去数年間は365日24時間CS:GOのことだけを考えていました。

しかし、時には変化も必要です。VALORANTを試しにプレイしてみると、このゲームに移行する完璧なタイミングであったように感じ、そして、CS:GOと同様に楽しめるゲームであるように感じました。正直に言うと、当時はCS:GOでは困難な時期*にいました。

*Mixwellは2018年に当時のOpTicのラインナップの解散後は母国スペインのチームMovistar Ridersに戻り約1年以上に渡りトップシーンで活躍できない時期が続いた。2019年にはCloud9へ移籍するも、同様にトップシーンのサイクルに入ることはできなかった。

私は既にCS:GOでの自分の目標を達成できたように感じていたため、自分自身を奮い立たせる新しい目標を設定する必要がありました。CS:GOでは以前と同様にハングリー精神を起こすことができませんでした。

VALORANTでは、再び0からスタートします。これはまるで地面から歩き始めているような気がします。今は誰しもが同じ土俵に立っており、誰もがトップを獲得する可能性があります。これは私をやる気にさせます。

私は自分の過去の失敗からより学習し、VALORANTではCS:GOよりも上達したいと考えています。そして、私の今の一番の目標は長期に渡りトップシーンで活躍したいです。

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link