「SunSister」がVALORANT部門を設立、国内トップCS:GOプレイヤーNoriseN、EROCを獲得し「SunSister Rapid」として活動をスタートすることを発表しています。


PUBGやRainbow Six Siegeといったタイトルを中心に活躍する国内プロeスポーツチームSunSisterは、NoriseN、EROC、kreamerといった国内トップCS:GOプレイヤーを獲得しVALORANT部門を設立したことを発表しています。

EROC、NoriseNの2人は国内CS:GOトップチームUpdraftのメンバーとして活動し、国内オフライン大会GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019ではBEST4、宴第3杯目では最高位"大関"で準優勝を獲得しています。また、NoriseN個人の活躍としては、過去にDeToNator、Ignisとして活動、SEA Fire Championship 2018を始めとした多くのオフライン大会への経験を持ちます。


kreamerはプロチームReign In Gamingに所属し、同じくSunSiterへ加入したPeasyとは過去に同チームでプレイし、国内大会を始めとした大会へ出場した経緯を持ちます。

また、AmeKenはDeToNator、CYCLOPS athlete gaming、JUPITERといった国内プロチームのOverwatch部門で活動したプレイヤーで、Overwatch World Cup 2018では日本代表として出場した経験を持ちます。

SunSister Rapidのラインナップは以下になります。また、SunSisterは2チーム目の発表も予定しており、後日発表を予定しています。

 EROC
 kreamer
 NoriseN
 AmeKen
 Peasy

1 コメント

  1. おお、これはかなり期待できますね
    Absoluteのいいライバルになりそう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link