Amazon ゲーミングデバイス祭り

TSM VALORANT部門に所属するSubrozaがショットガンの弱体化、コーチの観戦モード、Solo/Duoモードなどの追加を提案しています。

TSMに所属しプロとして活動するSubrozaはTwitterで以下の4つの機能の追加・改善を提案、TwitterにはSubrozaの意見に対して多くのコメントが寄せられています。

・走り撃ちする際のジャッジ/ショーティーの弱体化
・デスマッチモードの追加
・カスタムマッチでコーチの観戦モードの追加
・Overwatch/League of Legends/Dota 2と同様にランクマッチにSolo/Duoモードのリーダーボードを追加


ショットガンについてはCloud9に所属するTenZも以前言及しており「走り撃ちの際のライフルの精度がまだ高すぎる、クラシックやショットガンのジャンプ撃ちが強く感じる」とコメントしています。


カスタムマッチでのコーチの観戦モードの追加は、デモ/リプレイ機能と同様にトップシーンでプレイするプレイヤーにとって非常に重要であるモードであるため、今後のアップデートで確実に追加されることが予測されます。

また、デスマッチモードについては以前のリークでFFAモードなどの追加が明らかとなっているため確実に追加されると考えられますが、ランクモードでSolo/Duoについては分けることは無いとVALORANTの開発者が示唆していたため、実装されることは無いと予測されます。

コメントを投稿

Sponsored Link

Sponsored Link