Amazon ゲーミングデバイス祭り


RawkusがOverwatchの競技シーンより引退、同時にHouston Outlawsより脱退し今年6月にリリースされたRiot Gamesの新作タイトル"VALORANT"への転向を発表しています。


現在26歳のアメリカのプレイヤーRawkusは、2016年にFaZeのOverwatch部門に加入、約1年間に渡りFaZeで活動した後、2017年10月にテキサス州ヒューストンに拠点を置くHouston Outlawsに加入、OWL加盟プレイヤーとしてのキャリアをスタートしました。

RawkusはHouston Outlawsとして約3年に渡り活動に加え、2017年から2019年の3年間に渡り世界大会Overwatch World Cupのアメリカ代表に選出、昨年のOverwatch World Cup 2019では優勝に貢献しました。


TwitLongerで公開した声明では、これまでプレイしてきたチームメンバー、ファン、コミュニティへの感謝のコメント、そしてCS:GOをプレイして育ったRawkusにとってVALORANTが与えた衝撃、CS:GOとアビリティを加えたタイトルであるVALORANTはより快適にプレイできることを述べ、自身の今後についてはエキサイティングなニュースを発表予定と言及しています。

現時点でsinatraa、corey、ZachaREEE、HyPといったOverwatch出身のプレイヤーがVALORANTへ移籍を発表していますが、sinatraaはPAX Arena Invitationalで優勝、corey、ZachaREEEはFaZe加入、HyPはNiP加入とCS:GO出身のプレイヤーに劣れを見せないプレイを見せています。

国内ではSamuraiD、YoZ、Dep、TEN、FifTyとOverwatch出身のプレイヤーが続々とVALORANTへ転向を発表しており、様々なタイトルのプレイヤーが集まったVALORANTの今後の展開に注目が集まります。

コメント


Sponsored Link