Amazon ゲーミングデバイス祭り

「Cloud9 Korea」にxeta、BuZz、Hateが加入したことがチームの公式Twitterより発表されています。

今月21日、DoYa、Moothie、Tryの3名をリリースしたCloud9 Koreaは、新たにxeta、BuZz、Hateの加入を発表、ヘッドコーチにはOverwatch LeagueでLondon Spitfire、New York Excelsiorでコーチング経験を持つPavaneが新たに就任しています。

BuZz、Hateは共にVALORANTの韓国シーンでのプレイ経験があり、Hateは今月初めに行われたアジア大会A.W. EXTREME MASTERS Asia InvitationalにてNo Mercyとして出場した経験を持ちます。

また、2人と共に加入したxetaはCS:GOでGOSU、MVP PK、TYLOOとアジアトップチームでプレイ、MVP PKでは2度のアジア大会チャンピオン(eXTREMESLAND 2018、Cobx Masters 2)、TYLOOではIEM Katowice 2020、ESL Pro League Season 11 Europeへ出場した経歴を持ちます。

多くの韓国人CS:GOプレイヤーがVALORANTへ移行する中、xetaは今年6月にVALROANTへ転向、Zunba、Lakia、Jinx、Estherの4人と共にチームを結成しましたが、今回のCloud9 Koreaへの加入により解散、メンバーはそれぞれオファーを公開しています。

新たに3人のプレイヤーが加入したCloud9 Koreaのラインナップは以下になります。

 Park "Bazzi" Jun-ki
 Byeon "Munchkin" Sang-beom
 Seon-ho "xeta" Son
 Hate
 BuZz
 Hyeon-sang "Pavane" Yu
 Yoon "Autumn" Eu-ddeum (コーチ)

関連記事
xetaのインタビュー、TYLOOへの加入、VALORANTに移行した理由、韓国のCS:GOシーンが成功しなかった理由、韓国のVALORANTシーンについて語る

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link