Amazon ゲーミングデバイス祭り

一部のSNSでVALORANTのVALORANTのアンチチートシステムVanguardのプロパガンダが拡散していることがAnti-Cheat Police Departmentより明らかになっています。

VALORANTのチートツール自警団として知られるAnti-Cheat Police Departmentは、Twitterで「面白いことが起き続けています。チート開発者、チーターはあらゆるSNSでアンチVanguardのプロパガンダを行っています。」と投稿。Discord、Twitterなど、様々なSNSで「Vanguardは機能していません。」、「Vanguardはビットコインをマイニングしています。」など、Vanguardを批判するコメントが多数寄せられていることが明らかになっています。

Anti-Cheat Police Departmentによると、これは以前より行われている活動で、チート開発者はVanguardのデメリット、悪意性を不特定のユーザーへ発信しており、コミュニティではチートツールの普及を目論んでいるのではないか、といったコメントが集まっています。

また、VALORANT、Fortniteでキャスターとして活動するBallatwは、「VALORANTリリース初期に、Vanguardが批判されていた理由はこれらが原因かもしれません。コミュニティ全体で、チーターたちのくだらない活動に騙されていたかもしれません。」とコメント。

実際の所、VALORANTリリース初期は、常駐で起動するVanguardに批判的なコメントが多く寄せられており、「PC全体を重くし、他のゲームのパフォーマンスに影響が出る(関連記事)」、「CPUクロックを制限している(関連記事)」など、海外掲示板Redditを中心に話題になっていました。何はともあれ、チートはシーン発展を妨げる行為であるため、絶対にやめましょう。

関連記事
全てのチーター、チート開発者の撲滅を目指す団体「Anti-Cheat Police Department」のリーダーがRiot Gamesに入社
Riot Games CEOが数千人のチーターをハードウェアBAN「チーターに二度目のチャンスはありません」

コメント


Sponsored Link