エピソード2 ACT2よりVALORANTに登場予定の15人目のエージェント「アストラ (ASTRA)」が公式Twitterより発表されています。

15人目のエージェント「アストラ」は宇宙エネルギーを利用するガーナ出身のエージェント。ブリムストーン、ヴァイパー、オーメンに次ぐ4人目のコントローラーとしてVALORANTに追加されます。

3つのアビリティ、アルティメットは以下になっており、スタン、スモークなど、多機能型のエージェントとなっています。*翻訳が微妙なため、日本語訳が発表され次第、訂正します。

  • E - ネビュラ:星をアストラルフォームでセットする。星を使用することで、星雲(スモーク))を発生させる。
  • C - グラビティウェル:星をアストラルフォームでセットする。使用することでグラビティウェールを起動し、エリア内の敵は中央に引っ張られ、弱体化する。
  • Q - ノヴァ・パルス:星をアストラルフォーム上でセットする。星を1つ使いノヴァ・パルスを起爆する。短時間のチャージにより起爆し、エリア内の全ての敵をスタン状態にする。
  • F - デサペイトゥ:星を消散させ、インベントリに戻った後、数秒後に再セットされる。星の位置に短い間だけ、フェイクの星雲(スモーク)を生成することができる。
  • アルティメット(X) - アストラルフォーム/コズミックディバイド
    アストラルフォーム
    :アクティブにすることでアストラルフォーム状態に入り、左クリックで星をセットすることができる。星は、ノヴァ・パルス、ネビュラ、グラビティウェルに変化させることが出来る。
    コズミックディバイド(アルティメット) - 弾丸、音声を減衰させるマップを覆う壁を生成する。
広告の下に記事は続きます

アストラは、これまでエージェントと変わって、個別にスキルを購入することなく、200クレジットで星を購入し、星を使用しアビリティを発動するエージェント。(スタート時はでは2つの星を所持)

アストラルフォームの名のマップビューを起動し、マップ上に星を配置することで、様々なアビリティを発動できます。

VALORANTでシニアゲームデザイナーを務めるJordan "Wrekz" Antonは、アストラについて「アストラでは、マップ全体を考えるコントローラーを作りたいと思う理念より製作されました。そこから微調整を加えていき、敵の行動を予測すること、変化するゲーム状況に反応すること、2つのバランスを取るために適切なアビリティを与えました。」とコメントを残しています。



コメント


Sponsored Link