「プライム2.0」の近接武器、カランビットのレベルを上げたユーザーへの処置を検討していることが、VALORANT開発スタッフのTwitterより明らかになっています。

取り出しアニメーションが賛否両論となる「プライム 2.0」の近接武器。レベル2の取り出しアニメーションが、「求めていたのはこれではない」とコミュニティで議論となり、Liquidでストリーマーとして活動するMendoは「レベルを上げるな」と注意喚起をなしています

VALORANTのスキンのアップグレードは、一度レベルを上げると戻せない仕様となっていますが、VALORANTでデザイナーとして務めるPreetiが、上記の議論に反応。

Preetiは、「私たちは頂いたスレッドとフィードバックについて議論しており、コミュニティと開発者がすぐにチャットできることを願っています。文字通り、私たちはその問題について、SNS上のユーザーと話し合う予定です。」と述べ、スキンのレベルを上げた後、戻したい場合に何らかの対処を検討していることを明かしました。

数百、数千を超えるユーザーが今回の問題を理由に、スキンを購入しない、レディアントポイントを購入しないとなると、Riot Gamesにとっても数万ドルを超える損失が出ると予測されるため、「ポイントを再び使いレベルを下げる」、「一度レベルを上げた後に自由にレベルを変更可能にする」など、何らかの対処がなされることがと考えられます。

関連記事
プライム 2.0のカランビット、コミュニティでは「レベルを上げるな」と注意喚起
リーバーコレクションのVFX、フィニッシャーはRiot Gamesにインターンで入った学生が製作、実際の製作者がRedditに登場

コメント


Sponsored Link