FunPlus Phoenix VALORANT部門でコーチを務めるJohntaのインタビューが、Ginx.tvより公開されています。

昨年12月、FunPlus Phoenix VALORANT部門のコーチ就任が発表されたJohntaは、CS:GOではHellRaisers、TYLOO、Winstrikeといった様々なチームでコーチを経験。FunPlus Phoenix コーチ就任と共にVALORANTへの移行が発表されました。

Ginx.tvより公開されたインタビューでは、CS:GOのコーチングからVALORANTへの移行について、ヨーロッパと北アメリカ地域のエージェントメタ、試合展開の違い、チームの現状について答えています。

CS:GOからVALORANTへの移行について

新たなチームでコーチをできることにとても刺激を受けました。Counter Strikeでの長年の経験から得た多くのものが、VALORANTでは非常に価値のあるものになると思うので、(CS:GOからVALORANTへ移行して)とてもよかったと思います。

Counter Strikeでは、似通った部分が多く、それほど目新しいものではありません。しかし、VALORANTでは、新しいエージェント、マップ、銃の調整など、ほぼ毎月のように新しい要素が登場します。私はそれがとても好きで、新鮮さを常にもたらし、頭が常に回転しているように感じられます。

私のCounter Strikeの経験は、FunPlus Phoenixで非常に価値のあるものとなると思っています。負けた時、勝った時のチームの浮き沈み、集中力の保ち方など、チームとして直面する課題に同じ部分がたくさんあるため、競技シーンでその真価を発揮すると思います。

広告の下に記事は続きます

北米とヨーロッパのメタの違いについて

他の地域がどのような状況になっているのか、興味をもって少し見ることはあります。北アメリカではラウンド展開が早く、プレイしている選手たちも少しアグレッシブです。

全体的に見ると、ヨーロッパのシーンは北アメリカと比較して、慎重に展開しており、ヨーロッパの方が少し強いと感じます。しかし、これらはあくまで感覚的なものなので、実際に試合をしてみてどうなのかを確認したいです。理論上では、ヨーロッパの方が強いとは思っています。


FunPlus Phoenixについて

自分たちがヨーロッパで優れたチームの1つであることは間違いないと思っています。スクリムではチームは良いレベルにありますし、だからこそ優れたチームと評価しますが、大会ではまだ優勝していません。

私たちは自分たちの力を証明する必要があり、理論上の立場では有利なポジションにいることは良いことです。しかし、誰が理論上の言葉を信じるでしょうか。

関連記事
北米とヨーロッパのVALORANTのエージェントピック率の比較、個人スキルに特化した北米とチームプレイに焦点を当てたヨーロッパ
eスポーツジャーナリストSlasherのVALORANT地域ランキング、Vision Strikersを世界最高のチームと評価

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link