近日中に登場予定のVALORANTの新スキン「フォーセイクン(Forsaken)」が、Dot Esportsより公開されています。

オペレーター、ヴァンダル、スペクター、クラシック、近接武器の5つの武器スキンを含んだフォーセイクンは、ヴァリアントの変更でソヴリン仕様にアップグレードできるこれまでのスキンと一風変わった武器スキン。

フォーセイクンのデザインを担当したRiot GamesのスタッフSean Marinoは、ソヴリンが王族、美徳を表現しているのに対し、フォーセイケインは「腐敗」をテーマに「悲劇な最期を遂げた」スキンと答えています。

また、「私たちは、鳥の様な種族が雲の上にある王国を支配し、王族を守る衛兵が剣の代わりにソヴリンの銃を使って王族を守る世界を創造しました。その護衛の1人が誓いを破って堕落し、追放されたらどうなるだろうと考えました。」とコメントを残しています。

Forsakenは日本語に訳すと、「忘れられた」、「見捨てられた」。新たに公開された「フォーセイクン」には、何か隠されたサイドストーリーが存在しそうです。

5つの武器のスキンが同梱されたフォーセイクンコレクションは、バンドル価格7,100VPでリリース予定。武器単体では、1,775VPを予定しています。各スキンの詳細、フィニッシャーなどは、HITSCANより公開された紹介動画より確認できます。




5 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. Optic Indiaのロゴは入ってないのね

    返信削除
  2. 先行プレイの人たちの動画などを見るに、日本語表記は「フォーセイクン」になるっぽいです

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。修正いたしました。

      削除
  3. フォーSEIKIN?!

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング