Sentinelsの優勝で幕を閉じた「VALORNT Champions Tour 2021 Stage 2 Masters Reykjavík」ですが、ヘッドショットパーセンテージのランキング1位にLiquid所属のScreaMがランクインしたことが明らかになっています。

HONKでマネージャーを務めるMilanにより制作された画像によると、ヘッドショットパーセンテージの上位5人は以下になっており、Liquid、NUTURN、KRÜ Esportsの選手がランクインしています。

  • 1位:ScreaM (Liquid) - 33.12%
  • 2位:NagZet (KRÜ Esports) - 30.93%
  • 3位:Suggest (NUTURN) - 30.31%
  • 4位:Lakia (NUTURN) - 29.68%
  • 5位:L1NK (Liquid) - 29.61%

CS:GOの競技シーンより退いて1年以上が経過する中、現在もCS:GOの全プレイヤーでヘッドショットパーセンテージランキング1位に位置するScreaMですが、VALORANTでも同様に高いヘッドショット率を維持し続けるでしょうか。

また、出場した全選手のヘッドショットパーセンテージのリストはMilanのTwitterより公開されており、気になる方は下記のツイートよりご確認ください。

2 コメント

  1. ランキング上位が全部敗退していったチームなのが面白い

    返信削除
    返信
    1. SEN以外のチーム全部敗退したチームってことになるけど大丈夫か?

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link