ロサンゼルスを拠点とするeスポーツチーム「100 Thieves」とトヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」がパートナーシップ契約を締結したことを発表しています。

今回のパートナーシップ契約により、100 Thievesのコンテンツクリエイターが居住するゲーミングハウス「100 Thieves Content House」は「Lexus Content House」に名称が変更され、同チームに所属するコンテンツクリエイターのValkyrae、Fuslieはレクサスのアンバサダーに就任します。

数億を超えるインプレッション数を誇る100 Thievesのコンテンツよりレクサスの紹介のほか、様々なコラボレーション、限定コンテンツを展開予定で、次世代のレクサス購入者を見据えた若いユーザー層へのアプローチを目的としています。

今回のパートナーシップ契約について、100 ThievesのCEOを務めるNadeshotは「レクサスの様な伝説的なブランドと提携できることを嬉しく思います。両ブランドとも、それぞれの業界で品質、革新性を重視しており、ファンの皆さんへ新しいレクサスをお見せできることを楽しみにしています。」とコメントしています。

また、米・レクサスのマーケティング担当副社長を務めるVinay Shahaniは「レクサスは、車、文化、ライフスタイルの間に真の繋がりを見出しています。その点で、100 Thievesという同じ志を持ったパートナーをもったことを嬉しく思います。私たちの目標は、革新的なコンテンツ、彼らが生み出す独自の体験からなる驚き、喜びを100 Thievesのファンへ与えることです。」とコメントを残しています。

100 Thievesは、アメリア最大手の通信企業AT&Tを始め、ペプシコが展開するエナジードリンクブランドRockstar、JBLなど、十数社の企業と提携を結んでおり、先日には高級ブランドGUCCIとコラボアイテムをリリースしています

コメント


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス