先日、Sentinelsに所属するTenZが、自身の配信で行っていたVALORANTのFPSを向上させるPCの設定方法を紹介します。

現在開催中のVALORANT Champions Tour 2021 NA Stage 3に向け、テキサスでブートキャンプを行うSentinelsですが、新しいPCをセットアップする際の様子をTenZが配信していました。PCを購入したばかりの方、デフォルトから設定を触っていない方など、是非参考にしてみください。

  • デスクトップ上のVALORANTを右クリックし、「プロパティ」を開く。
  • 互換性のタブに移動し、「高DPI設定の変更」より「高いDPIスケールの動作を上書きします。」にチェックが入っているか確認する。
  • 「設定→システム→ディスプレイタブ→グラフィックの設定」より、「ハードウェア アクセラレータによるGPUスケジューリング」をオンにする。
  • 「グラフィックの設定」の「参照」より、VALORANTがインストールされているフォルダを探し、オプションから「高パフォーマンス」に設定する。(デフォルトではローカルディスク(C) → Riot Games → VALORANT → live → ShooterGame → Binaries → Win64)
  • NDIVIA コントロール パネルの「G-SYNCの設定」よりG-SYNCをオフにし、「3D設定の管理」より「電源管理モード」を「パフォーマンス最大化を優先」に変更する。

  • スタートボタンをクリックし「バックグラウンド アプリ」と検索し、「アプリのバックグラウンド実行を許可する」をオフに設定する。
  • 「設定→更新とセキュリティ→配信の最適化」より「他のPCからダウンロードを許可する」をオフにする。
  • タスクマネージャーの「スタートアップ」タブより、不要アプリケーションを無効にする。(こちらは知識がある方のみ設定することを推奨します。)

  • タスクバーを右クリックし、「ニュースと関心事項」をオフにする。
  • 「設定→システム→電源とスリープタブ」より「電源の追加設定」をクリックし、「高パフォーマンス」に設定する。
  • 「設定→ゲーム」より、「Xbox Game Bar」をオフに設定し、「ゲームモード」をオンに設定する。(Xbox Game Barを利用している方はオンで大丈夫です。)

また、上記の設定後、配信では「VALORANTはCPUに依存したゲームです。より高いFPSを求める方は、性能の良いCPUを購入することが手っ取り早いです。私は、GeForce GTX 1080 TiからGeForce RTX 3090へアップグレードして、フレームレートが2向上しました。そして、Intel Core i7-8700KからRyzen 9 5900Xへ変更したら、FPSが200から500まで向上しました。」とコメントし、本当に高いFPSを求める方は、CPUを交換することが一番の近道と指摘しています。

関連記事
Ryzen 9 5900XでVALORANTのFPS値が733.8を記録

3 コメント

  1. とても参考になりました

    返信削除
  2. 低スペでも出来るように作られたゲームはCPU大事だね

    返信削除
  3. 結局、一番fps上げる方法はcpu変えること

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス