ドイツ・ベルリンで開催中の「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters Berlin」のDAY7にて、「Gambit Esports」が「Crazy Raccoon」に2-0で勝利を収めています。

Gambit Esports vs Crazy Raccoon

 Gambit Esports [2-0]  Crazy Raccoon
 Gambit Esports [13-08]  Crazy Raccoon (Ascent)
 Gambit Esports [14-12]  Crazy Raccoon (Icebox)

グループCの敗者対決でブラジル代表Havan Libertyを下した日本代表Crazy Raccoonは、グループステージ最終戦にて、初戦で大敗を喫したGambit Esportsと再戦。プレイオフ進出をかけ、BO3で対戦しました。

1マップ目は、Gambit Esportsが選択したアセント。序盤よりCrazy Raccoonは強固な防衛、見事なリテイクを見せ、6ラウンドを連取し。テクニカルタイムアウト後にGambit Esportsにラウンドを取得されるも、前半ラウンドは7-5でリードを広げ折り返しとなります。

後半ラウンド、Gambit Esportsはミッドを中心にマップをコントロールする立ち回りを見せ、4ラウンドを連取。Crazy Raccoonは前半ラウンドの勢いを取り戻せず、1ラウンドのみの獲得で13-8でGambit Esportsの勝利となりました。

2マップ目は、Crazy Raccoonが選択したアイスボックス。DAY2で対戦した13-1と大敗を喫したアイスボックスですが、Crazy RacconはFiskerがジェット、Munchkinがレイナとエージェント構成を変え、再戦に臨みます。

Crazy Raccoonは、流れるようなBラッシュで獲得したピストルラウンドを皮切りに次々とラウンドを連取。Fiskerのファーストブラッド、ade、Munchkinのクラッチなど、選手全員が活躍するラウンドが続き、前半ラウンドは8-4と4ラウンド差をつけ折り返します。

後半ラウンド、Gambit Esportsはデフォルトのセットアップ、nAtsのラークを基点とした攻撃でラウンドを重ね、ラウンドは12-12へもつれ込みオーバータイムへ突入。オーバータイムは2ラウンド連続の少人数戦となるも、最後はRedgerのリザレクションからのクラッチが決まり、Gambit Esportsが14-12で勝利。マップスコア2-0で制し、プレイオフへの進出を決めました。

勝利したGambit Esportsは、世界大会優勝をかけたプレイオフへ進み、本日9月17日(木曜日)20:00より韓国代表Vision Strikersと対戦します。

また、接戦の末敗退となったCrazy Raccoonは、9-12位で今大会から去る結果となりますが、26-2で敗退した初戦のGambit Esportsと見違えるほどの試合を見せ、間違いなく日本チームが世界へ通用することを示してくれたのではないでしょうか。

Medusa、試合後インタビュー

 ー 初戦のリベンジは叶いませんでしたが、Gambit Esportsへ実力は示すことが出来たと思います。いかがでしょうか。

惜しい所が自分のプレイでも、(サブから見ていた)アイスボックスでも、いっぱいあり、本当に、本当に悔しいです。

 ー Gambit Esports戦で敗退してから、Crazy Raccoonはより強くなったと思います。Gambit Esports戦を終え、チームはどのように変わりましたでしょうか。

自分たちが最初の試合で結構ボコボコにされたじゃないですか。26-2というスコアとなりましたが、自分たちのスクリムの成績はマジで良かったので、そういう風にビビらずやろうと言ってから、前の試合と変わることが出来たと思います。

 ー 改めてGambit Esportsと対戦してみていかがでしたか。

最初は自分たちが用意してきた作戦は良かったのですが、Gambitからポーズが入り、Gambitからの対策に対して自分たちの対策が足りなかったという部分があると思います。

 ー Crazy Raccoonの強さが伝わった一戦でした。1マップ目のアセント、Gambitの守りが固かったと思いますが、どのような点が上手かったなど、印象はありますでしょうか。

とりあえずGambitと自分たちのチームの守り方は結構似ていると思います。結構強気ではなく、中で守るタイプですので、そこのコミュニケーションとか、それが本当に自分たちに足りなかった点だと思います。コミュニケーションだけでいけていたら、本当にいけていたと思います。

 ー Medusa選手個人の意見として、対戦してみて分かった世界のレベル、壁、今後の課題を教えてください。

アイスランドはPINGが高かったり、世界の壁は本当に高いと感じたのですが、ベルリンに来てからはPINGも良いし、スクリムも良かったので、自分としては壁と言うよりはちゃんとコミュニケーションが取れれば、本当にどのチームにも勝てると思いました。コミュニケーションです。

 ー 2回世界大会を経験しました。アイスランド、ベルリンを経て、自分たちは世界相手に戦えているという実感、成長はありますか。

本当にありました。とりあえず撃ち合いという点が、本当に海外とアジア圏の人たちとあまり変わらないのと、VSの人たちも言っていたのですが、EUとNAよりアジア人の方が強いんですよ。本当に。何回も言うんですけど、コミュニケーションが取れれば・・・。

 ー ファンの方へ、Medusa選手より一言お願いします。

結局負けちゃったんですけど、こんな遅い時間まで応援してくださり、本当にありがとうございます。

配信アーカイブ

32 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. CHAMPIONSも応援しているぞー!

    返信削除
  2. 早くRiotはKR3人可能にすべきやね
    間違いなくベスト4はいける

    返信削除
    返信
    1. それじゃあ日本枠じゃないやんけ

      削除
    2. いつかはなるだろうねLOLみたいに
      日本代表じゃなくてVCT代表ってすればいいんじゃね

      削除
    3. LOL知らないけど3人okなの?
      そもそも東アジア枠でいいと思うけど

      削除
    4. LJLには長い期間日本でプレイした外国人選手を日本人枠にするっていう仕組みがあって,今それを利用してDFMは3KRを実現している.LJL独自の仕組みだから他が採用するかは疑問.LoLみたいに強い日本人が出てこないなら採用されるかもね

      削除
    5. LOL全くわかんないんだけどそのKR選手ってどれくらい日本でプレイしてたの?
      質問ばっかでごめんなんだけど、LOLファンはそれどう思ってんの?

      削除
    6. ごちゃごちゃしててよくわかんないけど、リーグ前提ってことね
      でもFPSだとそういうのってあんまないんじゃね?
      Dota 2とかはどうなの?

      削除
    7. LOLは今年WCSに出るDFM所属のsteel選手とSHGのTussle選手が日本人枠だね
      韓国選手が日本人枠になるってなった時糞ほど荒れたし今でも文句言う人が多い
      3KRなんて勝っても韓国人のおかげ、負けたら日本の若手が育てる枠潰した害悪チームなどと散々罵られるからLOLと同じ道歩まないほうがいい
      LOLはMOBAってジャンルが新作ゲームが出ないからまだ続いてるけど今も新作が出続けるFPSのvaloでも同じように韓国人任せのチームだけになったらプロを目指そうする日本人も視聴者も離れるからやめた方がいい

      削除
    8. ちなみにその制度steel選手で最後だよ

      削除
  3. マンチとフィスカーの突破力えげつなかったな

    返信削除
    返信
    1. でもKDとかのスコアが低いよな
      フィスカーはハイリスクハイリターンって感じ

      削除
    2. アイスボックスのBサイトとかはファーストピック取らないとキツいだろうし、エントリーのK/D Difが低いのはしょうがない

      でもマンチのレイナは大正解だったと思うわ、ジェットでエントリーするよりラークしたり、リーアで敵のオペ置き外す動きがうまかった

      削除
    3. いやそのうえでじゃねえの

      削除
  4. やっぱり多言語チームだとコミュニケーションがネックになるよな
    csgoでも同じ母国語を持つチームが強かったし多国籍チームは難しいんだろうな

    ヨーロッパでいいスクリムができたって言ってるしCRは金あるんだからChampions前にドイツでブートキャンプでもしてくんないかな

    返信削除
  5. 正直初戦ボロ負け見てダメやなって思ったけどダメだったのは俺の節穴の方だったわ

    返信削除
  6. 正直こんなにラウンド取れると思ってなかったしOTなんて夢のまた夢だった
    この経験踏まえてチャンピオンズにも出れるのは経験値としてエグいな
    ZETAも置いていかれないようにLCQなんとしても勝ち上がってほしい…このコロナ禍で遠征難しい中EU、NAとスクリムじゃなく大会で戦えるってのはあまりにも大きい…

    返信削除
  7. FPSだと試合数っていうかmap数をそれなりにこなさないと強さがよく分からないよな
    良くも悪くも

    返信削除
  8. ZETAが弱いのかCRが強いのか対策が出来てたのかZETAとCRのフィジカルの違いなのか一体なにが違うんだ

    返信削除
    返信
    1. そもそも選手の調子やじゃんけんみたいな作戦や配置の若干の運要素もあるだろうから
      もうちょっと試合数ないと判断できないんじゃないか?
      ラウンド数少ないからcsgo以上に運の要素は増えそうだし

      削除
    2. フィジカルやろな~

      削除
    3. そもそもフィジカルって定義がよく分からないし
      余計にものが見えなくなりそうな気がするんだけど

      削除
    4. むしろ一部の化け物はともかく
      全体で見たらフィジカル差はそんなになかった
      海外の選手はなんていうか調子による振れ幅が狭いなとは思った 
      ZETAは本当にLaz以外、特にtakejとか安定しないから国内大会ですら見ててギャンブル感ある
      強い時は本当に強いけど、弱い時はイージーショットも外すってレベルじゃダメで安定が一番重要なんだなと

      味方が安定してる中にフィジカルで破壊できるバケモンがいるのが強いチームだわ

      削除
  9. 勢いに呑まれずにしっかりと1mapも落とさずに逆転して勝ちきったGambitは、結構完成度高いっていうか
    割と観戦者の印象や思ってるより差がある気がするんだが…
    傍から見れば競った試合だけど

    返信削除
    返信
    1. 勝てるだろうと思って対策をぼちぼちにしておいたら序盤ヤバかったのでその場で対策立てて勝ちました〜って感じだったとしたら、チームとしての力の差はまだあるってことになるな
      まあそうだったとしてもCRにとっては自信にもいい経験にもなるんだろうしこれからじゃね

      削除
  10. やっぱ言語の壁があって咄嗟の判断とか試合中に修正するのが難しいんやろな。
    個々のポテンシャルはZETAより圧倒的に上なわけで、これから経験値増えるほど強くなってくやろなCRは。ZETAは正直頭打ち感があるけど、どう食らいついていくのか楽しみ。

    返信削除
  11. 競った試合だったけど見た目のラウンド差よりは実力に差がありそうだった
    nAtsのラーク通しすぎだしFiskerがオペ外しすぎてた

    なにはともあれGG

    返信削除
  12. 26-2で終わってたらチャンピオンズは見る気起きなかったけどここまで頑張ったならチャンピオンズ見ようかなという気になった

    返信削除
  13. はよ次の大会に向けて今からブートキャンプの準備するんだぞ!
    年末あたりにはヨーロッパの入国規制も緩和されてる可能性はあるから1ヶ月前からブートキャンプしておけば絶対に今より強くなる

    コミュニケーションは普段からゲーミングハウスでやっていくしかないが

    返信削除
  14. mintyが出なかった理由は結局何だったんだ

    返信削除
    返信
    1. あの5人が最強な気がするんだが俺だけか

      削除
  15. マンチキン、手首を怪我している状態でベルリンへ出たらしいです。最強か?
    https://twitter.com/MUNCHKING_/status/143859417848153702

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス