ATOMIC GGが主催する階級制コミュニティ大会「UTAGE VALROANT 3」の最上位リーグ「GENERAL」にて、「CNCI BLUE BEES」が「ビックバン」を破り優勝しています。

CNCI BLUE BEES vs ビックバン

  •  CNCI BLUE BEES [2-1]  ビッグバン
    •  CNCI BLUE BEES [13-09]  ビッグバン (Split)
    •  CNCI BLUE BEES [02-13]  ビッグバン (Icebox)
    •  CNCI BLUE BEES [13-11]  ビッグバン (Bind)

3日間にわたり開催されたUTAGE VALORANT 3のの最上位リーグGENERALは、招待された7チームとCOLONELを勝ち抜いた6チームの計13チームが出場。敗者復活戦なしのシングルエリミネーション形式で行われました。

決勝は、something、razkiNgz、millionの3人を新たに迎え入れたCNCI BLUE BEESと、Laz、neth、ade、Anker、EROCの5人で構成されたビックバンがBO3で対戦し、2-1でCNCI BLUE BEESが勝利を収めました。

ミックスチームながら大会前のスクリムで鍛えた連携、持ち前の個人技を披露するビッグバンに対し、CNCI BLUE BEESはsomethingの突破力に加え、情報、エリア取りを意識したマップコントロールが功を奏し、GENERALのタイトルを勝ち取りました。

試合終了後には、次回開催に向け企画を進行していること、大会公式グッズの展開を予定していることを明らかにしており、詳細が決まり次第、UTAGE VALORANT公式Twitterでアナウンス予定です。

Zerost選手、試合後インタビュー

 ー 優勝した今のお気持ちをお聞かせください。

ほっとしています。勝ててよかったな、という感じですね。

 ー 新体制になり不安も多かった今大会だと思いますが、UTAGE VALORANTを通していかがでしたか。

VCTが無くて、チームで大会に飢えている期間に大会を開催してくださることにまず感謝の気持ちがありますし、チームにとってすごい良い経験になったので、本当に良かったです。

 ー 新体制となったチームの雰囲気はいかがですか?

普段は和やかにお互い冗談を言いながら、仲良くワイワイやっていますが、ゲーム中には集中するところはちゃんと集中して、意見もお互いにちゃんと言えていると思うので、いい感じだと思います。

 ー smith選手とrazkiNgz選手の加入により、フィジカル面、作戦面など、何か変わった点はありますか?

その2人はどちらかというとフィジカル面で凄い助かっていて、新たにBLUE BEESにコーチが加入したんですが、戦略面などはSimonsというコーチにすごく助けられています。

 ー 最後に応援してくださったファンへ一言、そして今後の意気込みをお願いします。

BLUE BEESはできたばかりで、すごい注目されているというのは自分たちも分かっていて、見ての通りなかなか面白いチームだと思うので、これからも応援お願いします。

トーナメント表

配信アーカイブ

最終順位

  • 1位: BLUE BEES (33万円)
  • 2位: ビックバン (13万円)
  • 3-4位: マザゾディア (5万円)
  • 3-4位: FAV gaming (5万円)
  • 5-8位: CSGO村 (1万円)
  • 5-8位: Flat Weed (1万円)
  • 5-8位: Storks Phalanx (1万円)
  • 5-8位: Team iXA (1万円)
  • 9-13位: ほんとにぃ↑
  • 9-13位: No Country
  • 9-13位: Hexad
  • 9-13位: Stella
  • 9-13位: FIRST Gaming

3 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 全員TOXICの超攻撃的チーム新生「BLUE BEES」面白いね、早く来年のVCTが観たい!

    返信削除
  2. 公式も「#純粋な強さを求めて #行儀よくできない奴らだけど」のハッシュタグでいじってた。競技シーンにいいプラスになるヒール役になれば面白い

    返信削除
    返信
    1. 途中でSNSレスバはじまる予感

      削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング