カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するeスポーツチーム「NRG」のVALORANT部門にhazedが加入したことが、チームの公式Twitterより発表されています。

以前よりNRGでのトライアウトが囁かれていたhazedですが、本日TSMより退団し、NRGへの移籍を発表。5人目の選手として、NRGのラインナップへ参加します。

昨年5月、TSM VALORANT部門の創設メンバーとして加入したhazedは、IGLとしてチームに参加。FaZe Clan Invitational、T1 x Nerd Street Gamers Showdownなど、出場したほぼ全ての大会で優勝を果たし、競技シーンの黎明期より北米トップとして活躍しています。

一方、VALORANT Champions Tour 2021開幕以降は結果を残せない日々が続き、度重なるラインナップ変更を繰り返しますが、Champions出場には届かず、先日にはVALORANT部門の再編が報じられています

今回TSMより脱退した理由について、hazedは「私はTSMより脱退しておらず、契約が解除されました。しかし、以前より私に興味を持ってくれていたNRGに声を掛けられ、移籍を検討していました。」と投稿し、今回の脱退は自身による決定ではなくチームの意向による脱退とコメントしています。

来年には33歳を迎え、競技シーンでは比較的高齢の部類に入るhazedですが、昨年末に公開されたインタビューでは自分の限界を迎えるまで選手活動を続けると答えています。昨年10月のVALORANT部門設立以降、度重なるラインナップ変更を繰り返す一方、上位入賞に届かないNRGですが、ベテランの加入による今後の変化に注目が集まります。

新たにhazedが加入したNRGのラインナップは以下になります。チームは、明日より開幕するValorant Elite Showdownのグループステージへ出場予定です。

 James "hazed" Cobb
 Daniel "eeiu" Vucenovic
 Sam "s0m" Oh
 Bradley "ANDROID" Fodor
 Ian "tex" Botsch
 Josh "JoshRT" Lee (ヘッドコーチ)

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング