タイを拠点に活動するeスポーツチーム「X10 CRIT」がVALORANT部門に所属する全選手を放出したことを、チームの公式Twitterで発表しています。

昨月には東南アジアのサーキットポイントランキング1位でVALORANT Champions 2021へ出場し、見事8位入賞を収めたX10 CRITですが、大会が終了し約1ヵ月が近づく1月4日、VALORANT部門の放出を発表。Twitterでは「誰もが諦めかけていた私たちを、信じてくれてありがとう。次の旅の幸運を祈っています。」と述べ、選手の今後を願うコメントを残しています。

また、チームの公式Facebookでは以下のようにコメントしており、所属選手1人1人への感謝の思いを綴っています。

一つの扉が閉まれば、また別の扉が開く。

今日、私たちは悄然とした気持ちの中、X10 CRITのVALORANT部門のメンバーに別れを告げます。彼らは、小さな地域であっても、世界中のトップチームと戦えることを皆さんに証明してくれました。

私たちは、彼らの功績と努力に感謝しています。

Foxzは、VALORANT Champions Tour 2021で8位入賞を残すなど、チームを牽引してくれました。彼はトップクラスのIGLの1人であり、共にプレイすることが楽しい選手でした。

Crwsは、寝込んでいるときでも、チーム内に常に明るくポジティブで楽しいエネルギーをもたらし、選手のモチベーションを高めてくれました。

 sScaryは、ベルリンで開催されたVALORANT Champions Tour 2021では溢れる才能を発揮し、最も恐ろしい選手の1人になる可能性を示してくれました。

sushiboysは、チームが最も必要とするタイミングで窮地を救い、常に自身を証明しました。彼は間違いなく、成功への道を歩んでいる選手です。

最後になりますが、Patiphan。溢れるばかりの才能を持つ彼は、VALORANTから引退し、現在はOverwatch Leagueのロサンゼルス・グラディエイターズでプレイしています。彼は恐れずにプレイし、困難な状況でも圧倒的存在感で試合をコントロールし、どんな強敵に立ち向かうことができることを教えてくれました。

私たちは、2021年のシーズンを通して、選手皆さんの努力、決意、そしてX10に捧げてくれた献身に感謝し、「ありがとう」と伝えます。皆さんの今後の活躍を祈っています。

またすぐに、戦場で会えるでしょう。GGWP。GLHF。新たな冒険に向けて。

アイスランド・レイキャビクで開催されたMastersへの出場を始め、昨月に開催されたVALORANT Champions 2021ではVivo Keyd、Envyを下し、東南アジア地域初となるグループステージ通過を果たしたX10 CRIT。昨月にはチームの中心人物であるPatiphanがVALORANTの競技シーンより引退を発表し、同選手の後任となる選手に注目が集まるX10 CRITでしたが、VALORANT部門の放出により事実上の解散となります。

現時点でX10 CRITの今後やVALORANT部門に所属した選手の行先は不明ですが、「またすぐに、戦場で会えるでしょう。新たな冒険に向けて。」と記載されていることから、契約が終了した選手は既に新たな所属先が決定しているか、もしくはX10 CRITのVALORANT部門再編が予想されます。

今回解散が発表されたX10 CRITのラインナップは以下になります。

  •  Thanamethk "Crws" Mahatthananuyut
  •  Itthirit "foxz" Ngamsaard
  •  Nutchapon "sScary" Matarat
  •  Panyawat "Sushiboys" Subsiriroj
  •  Yuranun "0bi" Sangurang (ヘッドコーチ)
  •  Yuttanagorn "Zeus" Kaewkongyai (コーチ)

3 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. あれ?これはSEAにとっては痛手じゃね?

    返信削除
    返信
    1. そもそもPatiphanいなくなった時点でね……

      削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング