5月13日にアップデートで約9000人のチーターをBANしたことが明らかになっています。

アンチチート部門のPhillip Koskinasは5月13日のアップデート、パッチノート0.50で「8873名のチーターをBANしたこと」を発表、VALORANTのアンチチートシステムのVanguardはTwitterで「現在はクローズドベータ版ですが、チート対策に取り組むことを約束します。今回のBANウェーブはまだ始まりにすぎません。私たちはVALORANTで最高水準に競争するうえでの誠実さを保証します。」とコメントしています。


今年4月にベータ版がリリースされたVALORANTはリリース後僅か2日でチーターが出現、チーターの出現に対して公式は、「私たちはチート対策に取り組む準備はできています。」と述べ、徹底的にチート対策に取り組む意向を明かしました。

また、先日はチート対策に対する方針の記事を公開し、最終的にはチーターに「"滅多に遭遇しない"レベルを目指す」ことを発表しています。

1 コメント

  1. この記事見てもう9000人もチーターいるじゃねぇか!って言う奴出てくるだろうけど、
    Riot公式がまだアンチチート機能をフルに使用してないって言ってるしな。
    正式サービス開始したらより強力にするらしいわ。あと初日で検知してたのに即日BANしなかったのはチート業者に情報を与えないためだとさ。直ぐにBANしたら何が原因でBANされたのかバレるらしいから泳がせてBANウェーブで一気にBANするんだと。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link