コミュニティリーグ「UTAGE VALORANT」のエントリーが終了、総チーム数566チーム、総勢3614名のプレイヤーが出場登録しています。

6月14日(日曜日)から6月31日(火曜日)の約半月に渡り行われたUTAGE VALORANTの出場登録には566チーム、総勢3614名のプレイヤーがエントリー、国内のVALORANTの盛り上がりも相まり、国内の多くのプレイヤーが大会へ出場登録しています。


国内CS:GOリーグ「宴」を主催するXrayN、noppo、XENQLITYに加え、KENNY、Icebergの5人のFPS業界のレジェンドプレイヤーを中心に結成されたコミュニティリーグ「UTAGE VALORANT」は、GENERAL、COLONEL、LIEUTENANT、SERGEANT、PRIVATEのの5つの階級に分けられ、それぞれの階級で優勝を目指すリーグ形式を採用、初心者からプロチームまで幅広いプレイヤー層が参加可能となっています。


最高位"GENERAL"には賞金総額30万円が設けられており、優勝チームには賞金20万円とUTAGE VALORANT 第一回 GENERAL 優勝チームの称号が贈られます。

先月23日には、デンマーク発のゲーミングデバイスブランドSteelSeriesとスポンサード契約を締結、現時点で詳しい契約内容については明らかになっていませんが、商品提供などの取り組みが行われると予測されます。

スケジュール

日程調整機関 : 7月4日(土曜日)~7月10日(金曜日)
予選期間 : 7月11日(土曜日)~8月8日(土曜日)
準決勝 : 8月7日(金曜日)~8月23日(日曜日)
-COLONEL : 8月22日(土曜日)
-GENERAL : 8月23日(日曜日)
決勝 : 8月17日(月曜日)~8月23日(日曜日)
-COLONEL : 8月29日(土曜日)
-GENERAL : ​8月30日(日曜日)

1 コメント

  1. CSSからCSGOみたいにCSGOからVALOみたいな流れになりそうだな

    CSGO好きだったけど人口が全てだからしょうがないかなぁ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link