Amazon ゲーミングデバイス祭り

アジア大会「EPULZE Royal SEA Cup」のジェットのピック率は95%とVLR.ggの統計より明らかになっています。

今月21日から28日かけ開催された賞金総額2.5万ドル(約260万円)のアジア大会EPULZE Royal SEA Cupは競技シーンのエコシステム構築を目指すIGNITIONシリーズとして開催、決勝では韓国チームVision StrikersがAttack All Aroundを破り優勝、IGNITIONシリーズ二連覇を達成しました。

VALORANTの大会情報、統計が確認できるニュースサイトVLR.ggによると、今大会の各エージェントのピック率は以下になっており、最もピックされたエージェントはジェットでピック率は95%を記録しています。

今大会は合計で38試合、計79マップがプレイされましたが、ジェットのピック率は150回とほぼ全ての試合で採用、アメリカ、ヨーロッパシーンの直近の大会ではピック率は5割~7割程をキープしていますが、直近のアジアシーンでは多くのチームがジェットを採用しています。

本日30日に実施されたパッチ1.09のアップデートではジェット、オペレーターの弱体化が実施されましたが、来月よりスタートするEDION VALORANT CUPA.W EXTREME MASTERS Asia Invitaitonalといったアジア大会へどう影響するか今後の展開に注目が集まります。

1 コメント

  1. せめてブリンク後の硬直を長くしてくれ
    一気に詰めてショットガンは無しだわ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link