100 Thievesに所属するHikoが最高ランク帯のレディアントとイモータルのスキル格差について指摘したツイートが話題となっています。

Hikoは自身のTwitterで「最近のレディアントとイモータルのスキル格差は狂気の沙汰で、今まで以上に悪化しています。」と投稿、直近のコンペティティブにおけるレディアントとイモータルのスキル格差問題を指摘しました。

Hikoのツイートには3,000を超えるいいねが寄せられ、Mixwell、ec1s、Limponeなどのプロよりリプライが届き、Mixwellは上記の問題について「Ziegler*へインタビューをしましたが、以前よりもレディアントのプレイヤーが減少していると聞いています。しかし、今はみんながレディアントになっているように見え少し気味悪いし、本当にレベルが低いです。」と投稿、最高ランクであるレディアントのユーザーが減少していることを明かしつつ、最高ランク帯のレベルの低さを指摘しています。

*Ziegler - VALORANTのゲームディレクター、Mixwellとのインタビュー動画はリンク参照。

また、Liquidに所属するec1sはレディアント帯の人数を制限する必要があることを説明しており、ランク格差の問題については一度大規模なランクリセットを必要と投稿しています。

日本国内ではイモータル3で数十戦勝利しレディアントへ昇格、レディアントで30分以上マッチが釣れないといった事例が存在しますが、リーダーボードシステムが追加されるエピソード2のアップデートに注目が集まります。

関連記事
統計によるCS:GOとVALORANTのランク分布の比較、VALORANTの平均ランク帯はゴールド2
VALORANTのランクシステムが大幅に変更、Act3より対戦ランク差の縮小、エピソード2よりリーダーボードシステムの導入

1 コメント

  1. 人がいなくてマッチングしないと文句を言われ、改善すれば人が多すぎると文句を言われ、Riotも大変だな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link