「FIRST STRIKE North America」で同時視聴者数が30万人を突破したことがEsports Chartsの統計より明らかになっています。

12月3日~6日にかけ開催された初の公式大会FIRST STRIKE、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど全世界で開催され各地域チャンピオンが決定しました。

日本、韓国ではAbsolute JUPITER、Vision Strikeが国内王者の名を保守した一方で、ヨーロッパでは王者G2が準決勝で敗退、アメリカではTSM、Sentinelsが敗退、100 Thievesが優勝を勝ち取りました。

アメリカ地域で開催されたFIRST STRIKE North Americaは、公式による本配信のほか、Ninja、Mythの2人のストリーマーが独占配信、世界トップで活躍するストリーマーの後押しもあり、決勝の100 Thieves vs TSMでの同時視聴者数はVALORANTの大会史上過去最高となる30万人を突破しました。

また、以前より問題視されていた観戦UIが今大会より大幅に改善、ラウンド数が画面上部、各プレイヤー情報が画面左右に表示されるCS:GOライクなUIとなっています。


関連記事
2020年第3四半期のeスポーツタイトルPC部門のTierランキングが発表、CS:GOは3位、VALROANTが4位へランクダウン、CoD:MWがTier1タイトルへ
フォーブスが世界で最も価値のあるeスポーツチームトップ10を発表

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング