Amazon ゲーミングデバイス祭り

ウクライナのeスポーツチームNatus VicenreでCEOを務めるYevhen ZolotarovがVALORANTへ参入しない理由をTwitterで明らかにしています。

FunPlus PhoeniXでコーチを務めるJohntaは自身のTiwtterで年間チャンピオンを決定するVALORANT Champions Tourに関するポジティブな意見を投稿。

一方でNa'ViでCEOを務めるYevhen Zolotarovは上記のツイートに対し「2022年までNa'ViはVALORANTへ参戦しないでしょう。Twitchの視聴者数は減少傾向にあり、ゲーム人口も発表されていないものの、同じ傾向にあると思います。CISではVALORANTは完全に死んでいます。」とリプライ、「CIS地域ではVALORANTは死んでいる」と評価しています。

現在、CISでVALORANT部門を保有する大手チームはGambit、Empire、forZeなどが挙げられますが、CIS地域では視聴者数、話題性などCS:GOと比較して盛り上がりに欠ける印象を持ちます。

また、上記のツイートのリプライ欄ではYevhen Zolotarov、Johntaが更にVALORANTシーンについて深堀しているため、気になった方は是非覗いてみてください。

関連記事
「Team Empire」がプロらしからぬ振る舞いを理由にプレイヤーを解雇、美容院を優先し大会を欠場

3 コメント

  1. ロシア語のツイート貼られても…

    返信削除
    返信
    1. 翻訳してくれてるから別にええやんけ。ソース張らなかったらそれはそれで文句言うんやろ?

      削除
  2. OWみたいに共存できるかと思ったけど、完全にGOと客を取り合ってしまう形になったな
    共倒れにならなきゃいいが

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link