国内を中心に活躍するeスポーツチーム「REJECT」VALORANT部門より、契約満了に伴いDhimorutoが脱退したことが発表されています。

昨年9月にREJECTへ正式加入を発表したDhimorutoは、Riot Games初の公式大会FIRST STRIKEでは3位、国内大会A.W EXTREME MASTERS Pro Invitational、GGC 2020では準優勝を獲得。ソーヴァ、オーメンなどサポートスキルが求められるエージェントを主に得意とし、堅実なプレイから数々のクラッチシーンを輩出しています。

REJECTでは、アジア大会、国内トップクラスの大会と多くの大会へ出場しましたが、約5ヵ月間の在籍で契約終了を発表。公式サイトより公開されたリリース文では「短い間でしたがこの三か月でかなり濃い生活をおくらせてもらいました。BO3でJUPITERに勝ったり公式大会三位に入賞したり等このチームじゃないと成し遂げられなかったと思います。チームメンバーには本当に感謝しています。 大会や配信をみて応援してくださったRCファンの皆さん短い間でしたがありがとうございました! まだ選手として頑張りたいので応援よろしくお願いします。」とコメントを残しています。

脱退に伴い、Twitterではオファーを公開しており、今後もVALORANTの競技シーンで活動を続ける意向を明かしています。今月中旬には、Sengoku GamingよりZerostの脱退が発表されましたが、VALORANT Champions Tourの開幕に伴い、日本国内で新たなチームシャッフル、もしくは新チーム結成が見られそうです。

Dhimorutoの脱退が発表されたREJECTのラインナップは以下になります。先日開催されたアジア大会DOUYU BIE ZHUANG CUPでは、Dhimorutoに代わって、feezがラインナップへ参加していましたが、今後の正式発表に注目が集まります。

 Dep
 HaReeee
 Kaminari
 Feez
 NoriseN

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング