今月18日にVALORANTのゲーム内ストアに追加されたインファントリーコレクションのガーディアンに隠された仕様を紹介します。

第二次世界大戦で使用された武器からインスピレーションを得たインファントリーは、MG34、M1 ガーランドなど、実際に存在する銃を連想させるスキンコレクション。

その中でも、M1 ガーランドから発想を受けたとされるガーディアンには、M1 ガーランドの弾が切れた際に鳴るクリップ音が再現。ガーディアンのスキンに隠された仕様には、海外コミュニティでも高い評価を受けており、Redditのスレッドには500を超えるコメントが寄せられています。

また、Redditのコメントには、VALORANTのスキン制作チームの1人Sean Marioが登場。Redditで寄せられた「インファントリー 2.0では、Ak-47を実装してください」のコメントに対し、Sean Marioは「正直なところ、私たちは(実際に存在する武器から着想を得るといった)アイデアは思いつきませんでしたが、このアイデアは大好きです。Twitter、YouTubeでは、『インファントリーは第一次世界大戦、第二次世界大戦だけではなく、様々な時代の戦争の歴史から着想を得たラインであるべき』とコメントをしてくれる方がいましたが、これは私たちに多くの選択肢を与えてくれます。」と述べ、インファントリースキンの今後のシリーズ展開について、前向きなコメントを残しています。

インファントリーの日本語訳は"歩兵"。そのため、グリッチポップ、プライムコレクションなど、シリーズ物として展開される場合、実際に存在する銃を基にしたスキンとなるでしょうか。「インファントリー 2.0」では、AK-47、Desert Eagle、MP5、Mk46など、人気の銃をテーマにしたスキンがリリースされるかもしれません。

関連記事
プライム 2.0のカランビット、コミュニティでは「レベルを上げるな」と注意喚起
VALORANTに新スキン「インファントリー」が登場、第二次世界大戦からインスピレーションを受けたスキンコレクション

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス