「SCARZ」VALORANT部門が、Npoint、Sakと契約満了に伴い、新たに2人の韓国人選手の獲得を発表しています。

昨年6月、VALORANT部門の設立を発表したSCARZは、国内トップで活躍したCS:GOプレイヤーを獲得。フルタイム給与性、ゲーミングハウスでの活動をスタートしました。

SCARZは、部門設立より国内トップとして活躍し、国内初のオフライン大会EDION VALORANT CUPではAbsolute JUPITER、DetonatioN Gaming、Lag Gamingを2-0で下し優勝、RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT、UTAGE Season 1では準優勝を収めています。

しかし、今年2月より開幕したRiot Games主催の公式大会「VALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 1」ではMasters進出を勝ち取れず、Challengerseで敗退。

SCARZは、VALORANT部門設立以降、メンバーを変えず活動を続けていましたが、直近の大会の結果を受け、日本人3名、韓国人2名による新体制を発表。Npoint、Sakと契約満了に伴い、FIRST STRIKE KOREAに出場経験を持つC1nder、国内のチームAVALON Gamingに所属したL0Bの2名の獲得を発表しています。

契約満了となったSak、Npointの今後の活動については各選手のTwitterより発表予定となっており、Sakはプレイヤー、コーチ、ストリーマーとしてオファーを公開しています

新体制となったSCARZ VALORANT部門のラインナップは以下になります。チームは、明日より開幕するVALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 2へ出場予定です。

 Akira "marin" Kato
 Teppei "ade" Kun
 Ryota "ryota-" Okayama
 Go "C1nder" Jae-hyuk
 L0B
 Takahiro "ibot" Watanabe (コーチ)

2 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. jupiterとrejectはオール日本人のままでいて欲しいな

    返信削除
  2. 韓国人いれることでしかチーム増強図れないとか情けねえなぁ
    RAGと同じでもう応援することはないわ

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス