フォロワー30万人超のTwitterアカウントValorant Leaks (@ValorLeaks)が投稿していた「あなたのPCのCPU、GPUでは、VALORANTのFPSはどのくらいの数値がでますか?」のリプライ欄が中々面白かったので紹介します。

以前、「VALORANTはGPUよりCPUが優先されるゲーム」とTenZが言及していましたが、コミュニティの反応を見る限りそうっぽいです。これからPCを購入する方、自作するかたなど、参考にしてみてください。

「皆さん、質問があります。あなたのPCのCPU、GPUでは、VALORANTのFPSはどのくらいの数値がでますか?」

平均して800FPSの数値が出るわけではありませんが、プレイ中に頻繁に800まで行き来します。CPUはIntel Core i9-10850K、GPUはRTX 3080、RAMは32GBです。

Radeon Vega 3搭載のRyzen 3 3200Uのノートパソコン。FPSを優先するため、グラフィック設定を下げています。平均FPSは30~70で、かなり変動しますが、90まで上がることもあれば、13~28まで下がることもあります。

Ryzen 5 2600とGTX 1660 Superです。165Hzモニターを使用しており、低いグラフィックまで下げれば安定して165FPSがでますが、中~高のグラフィックでプレイした場合、90~140の範囲です。

Ryzen 2700X、RTX 3090で180~200の範囲です。

i7 10700k、RTX 3080で400FPSまで出ますが、144Hzモニターですので、144FPSで固定しています。

このゲームでは、Ryzen 5000番台のCPUが最も優れた性能を発揮します。Ryzen 5 5600Xは間違いなくi9 10900kに勝っています。

Ryzen 5 5600X、RTX 3070のFPS制限なしで500以上は出ます。しかし、CPU、GPUを酷使する必要は無いと考えているので、FPSを240に制限しています。

Windows 11、i9 10980XE、RAM 64GB、RTX 3080で平均して400~500FPSです。

Ryzen 5 2600、RX580、RAMは3200MHzで平均150~180FPS。

i7 7700HQ、GTX 1050、RAM 8GBの古き良きゲーミングノートパソコン。パッチ3.0前まで100~120を安定していましたが、パッチ3.0以降は40~70まで落ちました。

Valorant Leaks「(皆さんの回答を見て、)Ryzen 5 2600からRyzen 5 5900Xにアップグレードしました。GPUは2016年の980Tiのままです。そして、218から531までFPSが向上しました。」

関連記事
VALORANTのFPSを向上させるPC設定、TenZが配信で紹介

8 コメント

  1. Ryzen 2700X、RTX 3090で180~200って3090の良さ台無しじゃんww

    返信削除
  2. R9 5900x 6700XT
    ファイアリングレンジなら1000は出るし
    マップで静かなら500
    打ち合いやスキルがあると240
    実戦の平均は300ぐらい

    返信削除
  3. i5 9400、gtx 1660で200前後くらい

    返信削除
  4. このゲームCPU依存率マジで高いよな
    改善する予定とかあるんかな

    返信削除
    返信
    1. 低スペックでプレイできるところ売りにしているからCPU依存率高くしているんじゃない。Comet Lake、Rocket Lakeのノパソくらいだったら全然動くし、ゲーミングノートPC持ってる人も最近増えているから

      削除
    2. ノートもデスクも内蔵グラフィックスの性能はさほど上がらない割にはCPU性能はかなり上がったのでこの路線で人口拡大しようってのは間違いじゃなさそうだよね
      というかそもそもFPSがメチャクチャ出やすいゲームなんだし多少のCPU依存は仕方ないのでは

      削除
    3. CPU依存だとわかってるだけでかなり良い
      グラボより安いし

      削除
  5. gtx 1060からrtx 3060 ti に換装したけど全くfps変わんないからcpuもi7 8700から変えたいんだけどi7 11700とryzen5 5600xどっちがいいんだろう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス