現在開催中のVALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters Berlinにて、ホワイトノイズによる音声問題が出場選手より問題視されていましたが、その問題を解決したことが、VALORANT Champions Tourの公式Twitterより発表されています。

先日、Asuna、Mixwell、Ethanを始めとした数名の選手よりヘッドセットから流れるホワイトノイズによりゲーム内音声が聞こえづらいと指摘を受けていましたが、本日、VALORANT Champions Tourの公式Twitterは「出場選手の皆様の音質を向上させるため、ホワイトノイズのレベルを大幅に下げることに成功しました。今後も大会の進行に合わせて積極的に改善していく予定です。」と投稿し、選手からの要望を受けホワイトノイズの音量を改善したことを発表しました。

また、F4Qのコーチは先日の試合中に音声問題のためテクニカルポーズを求めたところ、Riot Gamesより拒否されたと配信で語っており、コーチ自身が音声問題が敗因ではないと答えていた一方で、海外コミュニティでは「問題が改善される前に終了した試合はどうなるのでしょうか。」といった意見が寄せられています。

4 コメント

  1. zeta vs kuruのこのシーン、crowさんがわけわからんタイミングでスタンうったのもホワイトノイズで足音が聞こえなかったからって海外で言われてた
    https://clips.twitch.tv/TastyModernPepperoniVoHiYo-UmPDUiAYOZxG4m08

    返信削除
  2. zetaの次の試合から改善されたらしいね
    両チームに流れてるからフェアではあると思うけど万全な状態の試合が見れなかったのは残念

    返信削除
  3. ホワイトノイズは歓声とかを排除してゲーム音を際立たせる効果とかもあるらしいけど、観客いない今回はいらない気がするけどなんで付けてたんだ?

    返信削除
    返信
    1. 対面にいる相手チームの声が聞こえるから

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス