韓国を拠点に活動するeスポーツチーム「DAMWON Gaming」VALORANT部門のヘッドコーチにsoloが就任したことが、チームの公式Instagramより発表されています。

今年11月、NUTUN Gamingより脱退及び競技シーンから引退を発表ししたsoloですが、引退から約1ヵ月の期間を経て、DAMWON Gaming VALORANT部門のヘッドコーチ就任を発表。韓国FPSシーンのレジェンドを迎え入れ、来年2月に開幕するVALORANT Champions Tour 2022に参戦します。

来年で34歳を迎えるsoloは、2000年代前半よりCounter Strikeの競技シーンで活躍するレジェンド。CS1.6では3回の世界大会優勝、CS:GOでは3回のアジア大会優勝を経験しており、2つのタイトルでは合計50回以上の国際大会へ出場した豊富な実績を持ちます。

そんな中、昨年9月にCS:GOからVALORANTへの移行を発表し、今年1月にNUTURN Gamingの創設メンバーとして加入。NUTURN Gamingでは、アイスランド・レイキャビクで開催されたMastersへ出場し、VALORANT初の国際大会ながら世界3位の功績を残しますが、Stage 3ではMasters出場には届かず、APAC ラストチャンスでは惜しくもChampions出場は叶いませんでした。

新たにsoloがヘッドコーチに就任したDAMWON Gamingのラインナップは以下になります。

  •  Jeong-Ha "Jeong Hi" Lee
  •  Kim "Eugene" Su-yeong
  •  Kim "t3xture" Na-ra
  •  Kim "Secret" Ha-jin
  •  Kang "iNTRO" Seung-gyun
  •  Kang "solo" Geun-chul (ヘッドコーチ)
  •  Hong "Eraser" Chang-pyo (コーチ)

2 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング