マップヘイブンでブリムストーンのスモークを使用した悪質なワンウェイスモーク(One-Way-Smoke)が発見されています。

RedditユーザーMykWanは、ヘイブンのCサイトでウォールハックに近い悪質なワンウェイスモークを見つけたことを報告、ラッシュ止めやオペレーターのピーク止めなどの多様に渡り使用することができ、ゲーム内の判定ではスモーク内といった判定となっているため、フェニックスのフラッシュやソーヴァのリコンボルトも防ぐことが可能となっています。

所定の位置にブリムストーンのスキルでスモークを展開

スモーク上部から一方的にCロングを覗くことが可能

Cロング側からは全く見えない非常に悪質なワンウェイスモークとなっている


VALORANTにおけるワンウェイスモークの意味合い*は高さ、角度により相手プレイヤーの足などを一方的に見ることが出来るスモークですが、今回発見されたワンウェイスモークがRiot Gamesの意図していない仕様である可能性が高いため、近いアップデートで修正されることが予測されます。

*CS:GOではスモークの中から見るスモークもワンウェイの一つとして考えられるが、今回発見されたスモークは本来見ることのできないスモークの中から外を見ることが出来るスモークのため、グリッチの可能性が高い。

6 コメント

  1. 何が悪質だよ笑
    ワンウェイってそういうもんだろ

    返信削除
    返信
    1. 確かに。原文の方で"悪質"と記載されていたためこのようなタイトル付けになってしまいました。申し訳ございません。

      削除
  2. これミッドにセージの壁はってスモーク炊いてもできるワンウェイで昨日たまたまできた

    返信削除
  3. そんなことより、ピークする側と待ち側のアドバンテージ差の修正をはよしろ
    このゲームはその問題が解決されない限り、Tier1には値しない

    返信削除
    返信
    1. それCT側のデフォルトがAWP3本とかになるけどいいの?

      削除
  4. ヘイブンすこ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link