「G2」VALORANT部門に元CS:GOプレイヤーardiisが加入したことが発表されています。


MixwellPatitekpythとCS:GO出身のベテランプレイヤーからVALORANTで功績積を収めるCS:GO出身の若手プレイヤーを揃えたG2は、4人のメンバーとして新たにardiisと契約を結んだことを発表しています。

現在22歳のラトビアのプレイヤーardiisは2017年よりCS:GOシーンで活躍、London Esports、Endpoint、Fierce Esportsなどのイギリス国内のチームでプレイしました。

ardiisは国際大会での目立った活躍は少なかった一方で、イギリス国内の大会ではトップシーンで活躍、ESL Premiership Winter 2018、ESL Premiership Summer 2019の2つの国内大会で優勝を収めています。


今年4月にCS:GOからVALORANTへ移行後は、同じくイギリス国内シーンで活躍したプレイヤーと共にfish123を結成、Mandatory Cup、Solary Cupを始めとしたオンライン大会で優勝を獲得し、招待出場したG2 Esports European Brawl II、Twitch Rivals VALORANT Launch Showdownでは見事優勝を収めています。

VALORANTで目覚ましい成績を残す中、6月16日にardiisはCS:GO、VALORANTの両タイトルでチート使用、八百長試合に関与していたことが発覚ardiis本人は告発について否定し、Riot Gamesが厳密な調査を行った結果、不正行為の疑いは解消となりました。

新たにardiisと契約したG2のラインナップは以下になります。現時点で契約したプレイヤー全員がCS:GO出身のプレイヤーとなっている中、残り1人のプレイヤーが誰になるか、注目が集まります。

 Oscar "mixwell" Cañellas Colocho
 Patryk "Patitek" Fabrowski
 Jacob "pyth" Mourujärvi
 Ardis "ardiis" Svarenieks

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link