Amazon ゲーミングデバイス祭り

ANGE1がNatus Vincereよりオファーを受け取っていたことを動画内で明らかにしています。

今月12日、中国のeスポーツチームFunPlus PhoenixはCS:GOで長年に渡り活躍したベテランプレイヤーANGE1を筆頭に、FABRIKEN、PartyParrotsでプレイした5人のプレイヤーと契約、VALORANT部門の開設を発表しました。

ANGE1は自身のYouTubeチャンネルで公開した動画で、FunPlus Phoenixに加入した経緯、VALORANTの今後について答えています。以下、動画より一部抜粋したコメントを引用します。


FunPlus Phoenixに加入した経緯


CIS地域から様々なオファーを受け取りましたが、詳細な契約内容を提示してくれた組織はNa'Viのみで、他の組織とは詳細な交渉は行いませんでした。

CIS地域のチームがVALORANTに対してあまり興味を示していないと気づいたとき、私とShaoはProdigy Agency*のオーナーに国際的なチームでVALORANT部門を探しているチームは無いかと聞いてみました。

*eスポーツプレイヤー専門のプロダクション、プレイヤーのキャリア設計、他チームとの契約交渉、ブランド構築サービスを提供する。

その際に、Tier1でトップレベルのVALORANT部門を結成するため、多額の資金を投資する計画を立てているFunPlus Phoenixがヨーロッパを舞台にVALORANTで活動するという情報を聞き、私たちにとって素晴らしい選択肢であると思いました。



VALORANTの今後について


私がVALORANTをプレイし始めたとき、3ヵ月から1年半の間はCounter Strikeを超えることは無いだろうと思っていました。しかし、それは間違っていました。

現時点で、私がプレイしている組織がVALORANTに対して情熱を持って接していくということが非常に重要で、これは"試しにVALORANTへ移行してみる"というような実験ではありません。

そして、私はNa'ViがCISシーンでVALORANT部門を構築するとは思っていません。私は彼らのことを非常によく理解しています。*

*Na'Vi COOのインタビューでCISシーンを中心にVALORANT部門を構築することを示唆していたが、ANGE1はCISでは無い地域で結成することを予想。

コメントを投稿

Sponsored Link

Sponsored Link