Amazon ゲーミングデバイス祭り

新エージェント「スカイ」は11月9日よりRiot Games主催大会「FIRST STRIKE」で使用可能とVALORANT公式Twitterよりアナウンスされています。

今月22日、VALORANT公式Twitter(@PlayVALORANT)は「新エージェント、新マップがeスポーツの競技シーン(例:FIRST STRIKE)でいつ使用可能になるか質問を受けました。チーム、プレイヤーには伝えましたが、新エージェントは追加後2週間、新マップは4週間後に利用可能になります。大きな問題が無ければ、スカイは11月9日、アイスボックスは11月24日からFIRST STRIKEの予選で利用可能になります。」と投稿、新エージェント、新マップの競技シーンで使用可能となるスケジュールを明らかにしています。

先月末、Riot Games主催の初の公式大会「FIRST STRIKE」が発表、今月20日には日本での開催決定をアナウンスしましたが、現時点では予選に関する情報は発表されていないため、FIRST STRIKE 日本予選開催時にはスカイが競技シーンで使用可能になる可能性が大いにあると考えられます。

関連記事
日本含む全世界各地域でチャンピオンを決定する「FIRST STRIKE」の予選情報が解禁、北アメリカ地域は過去最高額の10万ドル(約1,100万円)で開催
アイスボックスに隠されたイースターエッグ、次期エージェントは日本出身のエージェントか

コメント


Sponsored Link