Amazon ゲーミングデバイス祭り

VALORANTの大会賞金総額が200万ドル(約2.1億円)を突破したことがLiquipediaより明らかになっています。

大会、移籍情報を掲載するWikiサイトLiquipediaは、VALORANTの大会賞金総額が200万ドル(約2.1億円)を突破したことを報告、今年8月には100万ドル(約1億円)を突破しましたが、その僅か3ヵ月となる達成となりました。

正式リリースがスタートして5ヵ月が過ぎるVALORANTですが、全世界のeスポーツチーム、イベントと提携を結び大会を主催するIGNITIONシリーズの開催もあり、総額500万円を超える大会が7回、うち2回がアジアでの開催*となっています。

*RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT
*A.W EXTREME MASTERS Asia Invitational

Liquipediaにより算出される2020年11月3日現在の賞金総額は$2,004,666(約2.1億円)となっており、チーム別の獲得賞金総額は以下になります。

8月のランキングでは、アジアよりAbsolute JUPITER、SCARZのみのランクインでしたが、この3ヶ月間でアジア大会が多く開催されたことも加味され、新たにVision Strikers、Attack All Around、ahq e-Sports Clubの3チームがランクインしています。

来月3日~6日に開催される地域チャンピオンを決定するRiot Games主催の初の公式大会FIRST STRIKEは、ヨーロッパ、アメリカでは1,000万円を超えた賞金総額が発表されているため、来月には更なる記録が更新されることに期待されます。

関連記事
「FIRST STRIKE」全地域の賞金プールとスケジュール
2020年の全世界人気検索ワードランキング、VALORANTが2位にランクイン

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link