Riot Games初の公式大会「FIRST STRIKE」、韓国で開催されたFIRST STRIKE KOREAのオープニングセレモニーで登場した見慣れない外観のイメージ画像が話題となっています。

12月3日~6日、各地域チャンピオンを決定するRiot Games初の公式大会FIRST STRIKEが全世界で開催されましたが、FIRST STRIKE KOREAの開会式で披露されたダンスグループDokTeuk Crewのパフォーマンス中に、その背景で流れたオープニングムービーにコミュニティは着目。

オープニングムービーでは、アセント、ヘイヴン、アイスボックスとVALORANTの既存マップがスライド形式で流れる中、その最後にヨーロッパ中世の城を連想させるイメージが数秒ほど登場、Reddit、Twitterなどのコミュニティでは新マップを示唆するイメージではないかといったコメントが多く寄せられています。

背景に流れるムービーに注目、既存マップに見覚えのない鉄柵、階段が確認できる

VALORANTは近未来の地球を舞台としており、現実世界に実在する文化や地域を背景に持つエージェント、マップが登場しています。

既存マップのスプリット(日本を舞台)、アイスボックス(寒冷地帯の基地を舞台)などもそのストーリーに着実に踏襲している一方で、今回外観が露わになったヨーロッパ中世を連想させる外観は、そのストーリーと離れているようにも見えます。

現時点で上記の外観が新マップを示唆するイメージか不明ですが、今後のアップデートで正式に実装された場合、中世を連想させるマップをどのようにVALORANTに落とし込むか注目が集まります。

関連記事
VALORANTに2つの新マップが予定を早めリリースか、開発者がインタビューで語る
VALORANTのコンペティティブにマップ選択機能の追加を検討か

1 コメント

  1. レイテンシでもチートでもスマーフでもなくクソマップで自滅しそう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link