Amazon ゲーミングデバイス祭り

Liquid VALORANT部門に所属するScreaMのショートインタビューがesports.comより公開されています。

Counter Strikeで10年のキャリアを誇るベルギー出身のプレイヤーScreaMは、今年8月にCS:GOより正式に引退Liquid VALORANT部門への加入を発表しました。

ScreaMはesports.comより公開されたインタビューでCS:GOとVALORANTの戦術面、撃ち合いに違いについて説明。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。


VALORANTとCS:GOの違い

CS:GOとVALORANTは全くの別のゲームです。CS:GOはAIM、撃ち合いが重要で、トップで競うにはかなりのスキルが必要となります。一方、VALORANTはエージェントの種類、戦略のバリエーションが非常に多いため、戦術面で見た場合、CS:GOより面白いことは間違いありません。

コミュニティでは既に多様な戦術が開発されており、次の大会では驚くべき試合が繰り広げられるでしょう。


VALORANTにおけるAIM

VALORANTはワンタップを狙うゲームではありません。もちろん、VALORANTはキャラクターの動きが遅いため、AIMはCS:GOと比較して少し簡単でしょう。

しかし、AIMが簡単な一方で、誰もが平等で公平に打ち合える問題があります。VALORANTの一瞬のミスは取り返しのつかないことになりますが、CS:GOはそういったことになるとは限りません。このゲームでは常に素晴らしい立ち回りを取る必要があります。VALORANTには1秒も隙がありません。

関連記事
ScreaMがCS:GOより引退しVALORANTへ移行「Counter Strikeは私の人生の全てでした。」
ScreaMがCS:GO史上最高のAIMを持つプレイヤー5人をインタビューで語る
ScreaMが次回アップデートで修正すべき4点を提案、ショットガン、クラシック、タギング、走り撃ち精度の高さを指摘

3 コメント

  1. 戦術理解や立ち回りといった頭の部分が足りて無くてCSGOでは早々と通用しなくなったのがscreamさんじゃないか

    返信削除
  2. 言いたいこと分かるわ
    ヴァロは展開がスローで撃ち合いで差が出にくいからこそ
    戦略や連携の正確性で差が出るんだよな
    それこそDOTAとLoLの違いに近い

    返信削除
    返信
    1. Dotaとlolって全く同じゲームじゃないんだ

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link