2020年のVALORANTの競技シーンにおける武器購入率ランキングがTHESPIKE.GGより発表されています。

VALORANT情報サイトTHESPIKE.GGは、Twitterでプロの競技シーンにおける武器購入率ランキングTOP5を発表、ランキングは以下のようになっています。

  • 1位 - ヴァンダル - 581,868回 (32.8%)
  • 2位 - ファントム - 433,581回 (24.4%)
  • 3位 - クラシック - 139,822回 (7.9%)
  • 4位 - ゴースト - 135,715回 (7.6%)
  • 5位 - スペクター - 135,391回 (7.6%)

VALORANTリリース時、コミュニティ、競技シーン共にファントムの方が使用率が高かった印象を持ちますが、昨年9月のアップデートでヴァンダルのダメージ量、発射速度が上昇、大幅な強化が実施(関連記事)、以降の競技シーンではヴァンダルの使用率が増加しました。

ヴァンダルが強化された一方、Cloud9に所属するTenZは、ファントムの走り撃ち精度の高さを指摘(関連記事,)、コミュニティでも大きな問題になったこの議論について、開発チームは今年度初頭のアップデートで走り撃ち時の精度に修正を加える意向を発表しました(関連記事)。

VALORANTはエージェント、武器の強弱により環境が作用されるため、2021年も度重なるアップデートを理由に、また一風変わった武器購入率になるかもしれません。

関連記事
今後のアップデートで走り撃ち精度の高さを修正、開発チームがTwitterで断言
ヴァンダルvsファントム論争に公式が反応、2020年度のキル数はヴァンダルが勝利

3 コメント

  1. ヴァンダル最強ですよほんと

    返信削除
  2. クラシックを購入ってどういうこと?

    返信削除
    返信
    1. 購入メニューで連打しているとか

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link