Liquid VALORANT部門に所属するScreaMのインタビューが、ブラジルのメディアMais Esportsより公開されています。

インタビューでは、ブラジルチームの感触、CS:GOからVALORANTへの移行などについて答えています。以下、インタビューより一部抜粋した文章を引用します。(Masters開催前のインタビューのため、現状と異なる可能性有)


新加入のJamppiについて

Jamppiは私たちのチームに多くのものをもたらしてくれると信じています。CS:GOでは優れたAWPerでしたが、VALORANTでのオペレーターも抜群に上手く、他の戦術に発展させてくれるチャンスを作ってくれます。

彼は私たちに欠けていたものを補ってくれています。ジェットをメインに使うスナイパーが加入したことで、非常に動きやすくなりました。また、彼は私たちのモチベーションを高めてくれ、常にチームに新鮮さをもたらしてくれます。


Fnaticについて

Fnaticは今や世界でトップクラスのチームです。彼らは非常に強力なプレイスタイル、戦術を持っており、彼らと対戦することは容易ではありません。Challengers EMEAの決勝は本当に困難な試合でした。

自分たちのやりたいようにプレイできず、ゆったりとした動きになってしまいました。しかし、最初のマップを落としたことで目が覚め、コミュニケーション、モチベーションを保ち、より良いプレイが出来るようになりました。

また、彼らの試合をよく研究し、前回の予選で敗北したことを活かせたため、EMEAでタイトルを勝ち取ることができたと思います。


Mastersについて

Mastersに向け、とても厳しいトレーニングを行ってきました。ヨーロッパ決勝の後、数日間の休みもありましたが、それ以降は毎日何時間も練習に励んでいます。私たちはMastersへ出場する全てのチームを研究しており、それぞれのチームに対して対策を練っています。それぞれのチームの試合をよく観察し、作戦面で上回り、優勝できるようベストを尽くします。

また、素晴らしい大会となるでしょう。全ての地域のチームが初めて顔を合わせ、どの地域がNo.1かを決めることができるので、非常に良い経験を積むことが出来ると思います。

この大会へ参加する全チームが危険であり、Challengersより厳しい戦いになると思います。どの地域が優勝候補か正直予想できませんが、ヨーロッパがNo.1となるでしょう。私たち、もしくはFnaticが優勝することを期待していますが、正直なところどこが優勝するか想像つきません。


ブラジルチームの感触

Vikingsとスクリムを行う機会がありましたが、非常に厳しい試合でした。彼らは非常に優秀で、VALROANTで対戦してきた中で最高のチームの1つです。Vikingsは間違いなく優勝候補のチームの1つです。Sentinelsとも対戦しましたが、Vikingsの方がずっと良いチームに感じました。

ブラジルの選手のスタイルは、トルコによく似ています。非常にアグレッシブでスピードもあり、個人の選手ももちろん強力なのですが、非常に優れた戦術性、チーム連携を兼ね備えていました。

ブラジルのスタイルに慣れていないため、スクリムでは不意を突かれた形になりましたが、確実に準備し、修正する予定です。


CS:GOからVALORANTへの移行について

CS:GO、VALORANT。それぞれ別のゲームですが、移行を決断した自分の判断を後悔していません。今はVALORANTをとても楽しんでおり、非常に良い機会に恵まれていると思います。

Counter Strikeのコミュニティが恋しいです。9歳の頃からプレイしてきたゲームで、私の人生を変えたと言っても過言ではありません。

しかし、VALORANTもセンセーショナルなゲームです。大きな可能性を秘めたFPSであり、これからも成長し続けるでしょう。もちろん、CS:GO時代に抱えていた問題を改善できれば、CS:GOでの活動を続け、今と状況は変わっているかもしれません。しかし、私は報われている方です。良いキャリアを積んできたと感じています。

関連記事
Liquidコーチによる韓国、日本、東南アジアのチームの評価、韓国の競技シーン、メタ、エージェント構成について語る
Liquidコーチによる欧米チームの評価、Liquidの持つコミュニケーションの特徴について語る

2 コメント

  1. ScreaMはなんていうかコメントが優等生だね

    返信削除
  2. そりゃファンも多いわな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス