香港、韓国、シンガポールなど、アジア圏で広く活躍するeスポーツチーム「Talon Esports」が、VALORANTの競技シーンへ参入を検討していることが明らかになっています。

今回報じたのは、ジャーナリストとして活動するBoDork氏。同氏が複数の情報源から得た情報によると、Talon EsportsがVALORANTの競技シーンへの参入を検討しており、現時点でラインナップは決定していない一方、既に複数の韓国人選手がオファーを受け取っていると明らかにしています。

また、Talon Esportsは韓国市場の他、東南アジア、日本など、アジアの諸地域も検討していると報じています。昨月には2022年へ向け大手eスポーツチームが韓国のVALORANTの競技シーンへ参入を予定していると報じていましたがが、競技シーンの盛り上がりを考慮し、東南アジア、日本への参入を検討しているチームも複数存在していると明かしています。

先日、Riot Games Koreaは韓国のVALORANTシーンをサポートするプログラムを発表し、条件を満たしたチームへ最大5,000万ウォン(約500万円)を支援する取り組みを発表していますが、来年2月に開幕するVALORANT Champions Tour 2022へ向けた各チームの動きに注目が集まります。

3 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス