BANを受けたユーザーにBANの原因を通達する新システムを導入したことをゲームディレクターがTwitter上で発表しています。

VALORANTのゲームディレクターを務めるZieglerはTwitterで「注意喚起のお知らせです。私たち開発チームはBANを受けたユーザーにゲームへのログイン時にBANの原因を通達する新しいシステムを導入しました。これらの影響を受けるユーザーはゲーム起動時に以下のようなメッセージが表示されます。」と投稿、画像よりはサードパーティー製のソフトウェアを使用したことによりゲームアカウントに永久BANを受けたことを示す通知が確認できます。


先日、VALORANTのアンチチートシステムVanguardによりチートツールを使用した3700以上のアカウントをBANしたことが明らかになっていますが、これらのBANを受けたユーザーはゲーム起動時に上記のメッセージが届いたことが予測されます。

VALORANTはチート対策に徹底的に取り組む意向をゲームリリース時より発表しており、"Soul Ban(魂のBAN)"と称された内容ではハードウェアBAN、Rioit Gamesの系列アカウント全体にBANを施すなどの取り組みを実施しています。

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link