Amazon ゲーミングデバイス祭り

パッチ2.06~2.09で、ヨル、ヴァイパーの2人のエージェントの調整を予定していることが海外掲示板Redditより明らかになっています。

今年2月、VALORANTは公式サイトの記事内で「今後のアップデートでヴァイパー、ヨルの強化を予定している」と明らかにしましたが、記事公開から約3週間が経過する中、現在も調整に関するアップデートはリリースされていません。

そして、今月3日よりリリースされたパッチ2.04のアップデートですが、海外掲示板Redditの「パッチノート2.04」のスレッド内に開発スタッフの1人Altombreがヨル、ヴァイパーの調整について言及。

Alotmbreは、「Mastersはパッチ2.04でプレイされるため、混乱を招くような調整は避けています(アストラはMastersでは使用できないので、例外)。完全な透明性を保つため、パッチ2.05は軽いパッチになるでしょうし、2.05ではアストラを監視する必要があります。しかし、大会終了後は期間が空くため、パッチ2.06~2.09の間でアップデートをリリースできるかもしれません。」と応え、パッチ2.06~2.09で、2人のエージェントに調整を実施することを明らかにしました。

エピソード2より追加された日本出身のエージェント"ヨル"。リリース前は"OP"と評価されていたが、競技シーン、コンペティティブにおけるピック率はかなり低い。

また、別のスレッドでは、「(ヨル、ヴァイパーの調整は)できるだけ早くリリースしたいと思っています。アストラがバランスの取れた位置に留まると予想すると、ヨル、ヴァイパーの調整はより優先的に行われます。もしアップデートが遅れた際、みんなががっかりする事は分かっていますし、少し落ち着いたら出来るだけ早くリリースしますので、ご安心ください。」とコメントを残しています。

VALORANTのアップデートの傾向として、「大規模大会の開催中」、「新エージェントのリリース後」は、エージェントの大幅な調整は行わない傾向がありますが、以前より調整が発表されていた2人のエージェントは更に調整が延期。パッチ2.06~パッチ2.09でアップデートが来ると仮定した場合、3月から4月の間が妥当でしょうか。

関連記事
北米とヨーロッパのVALORANTのエージェントピック率の比較、個人スキルに特化した北米とチームプレイに焦点を当てたヨーロッパ
VALORANTの新エージェントアストラのぶっ壊れ要素が見つかる、スパイク解除をアストラルフォームで確認

コメント


Sponsored Link