6月23日(水曜日)より開幕するエピソード3 ACT1でブリーチのアルティメットが強化されることが、先行配信のビルドより明らかになっています。

先日公開された先行配信のビルドでは、様々なエージェント・武器にバランス調整が実施されることが明らかになり、ブリーチのアフターショックは100から200クレジットへ、フラッシュポイントは200から250クレジットへ上昇しチャージ数が3つから2つへ減少することが明らかになりましたが、その他の変更点としてフラッシュポイント、ローリングサンダーなど、アビリティ、アルティメットに調整が入ることが判明。Fnaticでコーチを務めるminiによると、アルティメットの効果範囲が拡大することが明らかになっています。

アルティメットの効果範囲が台形型から長方形型に変更に加え、スカイのバランス調整同様にフラッシュ発動後に武器を構える速度も増加しており、トレードキル、セットプレイにより重宝されるエージェントとなりそうです。

新エージェント「KAY/O」の登場、各エージェント・武器のバランス調整が実施されるエピソード3 ACT1は6月23日(水曜日)に開幕します。

関連記事
次回アップデートで移動中の射撃精度に調整を実施、「歩き撃ち精度」、「サブマシンガンの命中率」を減少予定
エピソード3より「ジャッジ」が更なる弱体化へ、遠距離時のダメージが減少

1 コメント

  1. AリンクとBリンクにスモークたいてブリーチのウルトで終わり

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link